【ヘルカッチャ】 の変更点


*概要 [#hda66c1e]
巨大な鎧に身を包んだDQ10が初登場の[[【マシン系】]]モンスター。手に持つ巨大なドラゴンの角とエキゾチックな腰蓑が特徴的。
色違いに[[【ルバンカ】]]と[[【バロンナイト】]]が、ボスに[[【バトルシェイカー】]]と[[【証人ラディスオー】]]がいる。~
1匹でも強いのに2匹同時に出現する事もあり、同時に[[【かがやくいき】]]や[[【しゃくねつのほのお】]]をされた時にはHP400超えのプレイヤーでも瀕死へ追い込まれる。
マシン系なので守備力も高く、マシン特効あれども生半可なLvのタイガークローでは太刀打ちできない。それでいて唯でさえ高いタフネスを[[【ぼうぎょシールド】]]で上げてくる厄介な奴。
マシン系なので守備力も高く、マシン特効があれども生半可なLvのタイガークローでは太刀打ちできない。それでいて唯でさえ高いタフネスを[[【ぼうぎょシールド】]]で上げてくる厄介な奴。
またこの種お得意の[[【ためる】]]と[[【超ちからため】]]も使ってくるので、テンション上昇からの息攻撃にも気をつける必要がある。~
通常ドロップは[[【大きなこうら】]]、レアドロップは[[【マジックファンの本】]]。Ver.1では[[【ダラズ採掘場】]]にのみ生息。

**Ver.1.1 [#y6d8f08e]
経験値が上方修正される。
また[[【ゴールドマン】]]と[[【ゴールデントーテム】]]がお供につくことがあったので、モンスター討伐リストを埋めることが目的の人間に結構狩られていた。しかしまだレベルは55が上限の時期なのでサポ狩りのハードルは高かった。

**Ver.1.2 [#oea9e41f]
クエスト[[【鬼嫁への罪滅ぼし】]]で討伐対象になる。しかしレベルは60が上限の時期なのでまだまだサポ狩りのハードルは高かった。

**Ver.1.5 [#vb28dfdd]
討伐依頼でヘルカッチャの依頼が並ぶことになる。少々数が少ないが沸き時間も比較的早いので取り合いにはならない。
またゴールデントーテムやゴールドマンが稀に出てくることもあるので少しお得感もある。

**Ver.2.0 [#z4a2b4ca]
[[【エモノ呼び】]]を使う場合、[[【おいかぜ】]]を纏った状態になるとブレスを吐かなくなるため、使える仲間モンスターを連れて行くと楽に戦える。

**Ver.2.1 [#g152d43f]
真の[[【リンジャハル海岸】]]に生息。3体登場する場合もある。

**Ver.2.3 [#h4a53cb2]
[[【ラゼアの風穴】]]に生息。

**Ver.4.0 [#xda4dc06]
そうびぶくろ拡張クエスト[[【思い出の整理術】]]で必要な「防サビプレート」を取るために戦うことになる。

**Ver.4.3 [#xda4dc06]
現代と変わらず[[【ダラズ大鉱脈】]]に生息。ウルベア帝国の見張り用ロボットだろうか。
----