【マグナス】 の変更点

*概要 [#l9c61b38]
[[【ガートラント城】]]にいる[[【人間】]]の男性。
参謀として[[【グロスナー王】]]に仕えている。
[[【マリー】]]ちゃんという犬を城内で飼っている。
[[【マリー】]]ちゃんという犬を城内で飼っている。~
マグナス(マグヌス)は、現実世界では北欧などで比較的多く見られる男性名であるが、『マグナス伯爵』という有名な小説のために、この男もしかして……と思ったプレイヤーもいたかもしれない。

**[[【ガズバランの牙】]] [#r2d21bf1]
自由奔放な[[【グロスナー王】]]に振り回され、狩り競争にまで付き合わされるが種族を越えて信頼されてる様子が伺える。
しかし、スパイが変装して忍び込んでいるとわかったとき一度は容疑をかけられる。
外伝クエスト第1話において、自由奔放なグロスナー王に振り回され、「荒っぽいことは苦手」と泣きながら訴えかけるも無理矢理狩り競争に付き合わされた。

王の台詞の端々から、彼が種族を越えて信頼されている様子が伺えるが、第3話でガズバランの牙のスパイ網が王の周囲にまで張り巡らされていることが発覚した時には容疑をかけられた。
結果的にスパイの正体は[[コイツ>【魔人スピンドル】]]だったが。

**グランゼドーラ城 [#v284a71e]
[[【勇者姫アンルシア】]]の記憶の中の城で、彼がかつて[[【グランゼドーラ王国】]]にいたことが明らかになる。
どうやら[[【ユリア妃】]]の遠縁で[[【賢者ルシェンダ】]]に師事していたらしい。
[[【オーグリード大陸】]]の[[【スタンプカード】]]をコンプリートして[[【アリオス王】]]に報告した際、王の口から彼が[[【ユリア妃】]]の遠縁であることが語られる。
[[【アスフェルド学園】]]のOBであり、また若い頃は[[【賢者ルシェンダ】]]に師事していたらしい。
----