【マシン系】 の変更点


 *モンスター→マシン系 [#yc15c1a3]
 その名の通り、主に機械で出来ているモンスター。
 共通してMP吸収耐性が非常に高い。特効武器はツメ。
 電撃に弱いというイメージ通り、雷属性を弱点としている個体が多い。~
 
 また、当然ながら毒も効かない敵が大半なので、短剣職との相性が非常に悪い。
 
 今までのナンバリング作品ではキラーマシン系とメタッピー系が代表的なモンスターであり、
 他種の仲間ではオクトスパイカーしかマシン系の雑魚モンスターはいなかった。~
 その名の通り、主に機械で出来ているモンスター。特効武器はツメ。
 共通してMP吸収耐性が非常に高い。また、当然ながら毒も効かない敵が大半なので、短剣職との相性が非常に悪い。
 電撃に弱いというイメージ通り、雷属性を弱点としている個体が多い。
  
 今までのナンバリング作品ではキラーマシン系やその発展型とメタッピー系が代表的なモンスターであり、他種の仲間ではオクトスパイカーしかマシン系の雑魚モンスターはいなかった(系統採用以前ではDQ7のからくり兵やデスマシーンなどもいた)。
 //(スピンオフだとメガボーグやエビルエスタークなど、もう少し増える) 
 しかしDQ10では新たにたけやりへい系とバトルシェイカー系がこの系統に追加。
 これによってマシン系の数が大幅に増加した。~
 なぜか怒ったりテンションが上がったりするやつもいるが、ご愛嬌。
 油圧が上がったり、ロックオンの性能でもあるのだろう。多分。~
 Ver.2ではメカバーン系統が加えられた([[【ファラオ・ルドラ】]]のみドラゴン系)。~
 しかしDQ10では新たにたけやりへい系とバトルシェイカー系がこの系統に追加。これによってマシン系の数が大幅に増加した。
 Ver.2からはメカバーン系統([[【ファラオ・ルドラ】]]のみドラゴン系)、Ver.4からはジュラシックロイド系統が加えられた。
 またボスとしても様々なマシンが登場する。
  
 なぜか怒ったりテンションが上がったりするやつもいるが、ご愛嬌。油圧が上がったり、ロックオンの性能でもあるのだろう。多分。
  
 ※太字はボスモンスター
 
 [[【アイアンクック】]]
 ''[[【暗黒の星竜機】]]''
 ''[[【怒れる魔神】>【久遠の神殿】#ikareru]]''
 ''[[【ウルベア魔神兵】]]''
 ''[[【ウルベア魔神兵強】>【ウルベア魔神兵】]]''
 [[【エビルチクリン】]]
 ''[[【楽将バトルシェイカ】]]''
 [[【ガチャコッコ】]]
 [[【からくりしょうぐん】]]
 [[【からくりだいみょう】]]
 ''[[【カラミティロイド】]]''
 ''[[【管理端末Q484】]]''
 [[【キラークリムゾン】]]
 ''[[【キラーホイール】]]''
 [[【キラーマシン】]]
 ''[[【キラーマジンガ】]]''
 ''[[【キラーマジンガ強】>【キラーマジンガ】]]''
 [[【キラーマシン・強】]]
 [[【キラーマシン2】]]
 ''[[【古代ウルベア魔神兵】]]''
 ''[[【紫炎の滅機将シュバ】]]''
 ''[[【自動人形ドミネウス】]]''
 [[【ジュラシックロイド】]]
 ''[[【証人ラディスオー】]]''
 ''[[【真紅の殺人機械】]]''
 ''[[【Sキラーマシン】]]''
 ''[[【ゼドラゴン】]]''
 [[【ダークネビュラス】]]
 [[【タイプG】]]
 [[【たけやりへい】]]
 [[【デュランダル】]]
 [[【とうろうへい】]]
 [[【ドラゴントイズ】]]
 ''[[【伐採マシン】]]''
 ''[[【伐採マシン改】]]''
 ''[[【バトルシェイカー】]]''
 ''[[【バトルシェイカー強】>【バトルシェイカー】]]''
 [[【バロンナイト】]]
 [[【ファイアボール】]]
 ''[[【プチキラーマジンガ】>【キラーマジンガ】]]''
 ''[[【プチSキラーマシン】>【Sキラーマシン】]]''
 [[【プラチナサウルス】]]
 ''[[【ペコリア・アルファ】>【ペコリア】]]''
 ''[[【ペコリア・オメガ】>【ペコリア】]]''
 [[【ヘルカッチャ】]]
 ''[[【魔神兵ゼェード】]]''
 [[【メカバーン】]]
 [[【メギドロイド】]]
 [[【メタッピー】]]
 [[【メタッピー・強】]]
 [[【メタルドラゴン】]]
 [[【メタルハンター】]]
 ''[[【諸刃の鋼竜】]]''
 ''[[【リルグレイド】]]''
 [[【ルバンカ】]]
 ''[[【レプティリア】]]''
 ''[[【労魔デスワーク】]]''
 ----