【メカバーン】 の変更点

*概要 [#ic86ea93]
Ver.2.2前期で1匹だけ追加された新モンスター。色違いに[[【メタルドラゴン】]]、[[【ファラオ・ルドラ】]]、[[【ゼドラゴン】]]、[[【ダークネビュラス】]]、[[【諸刃の鋼竜】]]がいる。
過去のナンバリングでは[[DQ5のみ>DQ大辞典:【メカバーン】]]しか登場していないが、モンスターズ、特にテリワン3D以降はメタル狩りのお邪魔虫として何回も登場しているのでもはや見慣れた人も多いはず。しかしカラーリングは黄金色というより黄ばんだ金属のような安っぽい色。
なお、他作品では主にドラゴン系に分類されているが、今作では[[【マシン系】]]が存在するためそちらに分類されている。
さすがにルドラ並みに強烈な守備力ではないので、物理攻撃でもちゃんとダメージが通る上に、DQ5の時と違いマホカンタがかかっていないので、いきなり魔法をぶっぱなして反射され返り討ちにされることもない。先入観に騙されてはいけないという一例。
攻撃力はそこそこだが[[【リザードファッツ】]]ほどに強いものでもなく、特殊行動も[[【ふみつけ】]]のみであるため、ココまでこれたプレイヤーなら楽に倒せるはず。
通常ドロップが[[【プラチナこうせき】]]、レアが[[【ゴールドストーン】]]。宝珠は「武神の豪腕」「復活のHP量アップ」「全身全霊斬りの極意」を落とす。~
なお討伐リストの2ページ目では「異世界に君臨する魔王によって作られたと、まことしやかにウワサされている」とされている。ダイの大冒険に登場する[[「大魔王バーン」>DQ大辞典:【バーン】]]と、同作品に「バーン」の名を持つ手下が複数存在することからその絡みのネタだろう。
**Ver.2.2 [#w02600d4]
[[【古き神の遺跡】]]にて初登場。後期に追加されたダークネビュラスにも呼び出される。

**Ver.2.3 [#l81da8cf]
[[【魔幻宮殿】]]に出現する。

**Ver.2.4 [#bbd8a6a8]
[[【悠久の回廊】]]に出現する。

**Ver.3.0 [#vdd45588]
[[【ダラリア砂岩遺跡】]]に出現する。今まではダークネビュラス以外は単体出現だったが、ここでは複数で現れることがある。

**Ver.3.3 [#t2a516b6]
[[【楽園】]]に最大3体で出現する。ストーリーでは裁定者の試練として13体狩ることになる。
**Ver.4.0 [#ked1af0c]
[[【王立アルケミア】]]に出現する。ドロップ装備が[[【ドワチャカシールド】]]と[[【風雲の大盾】]]に[[降魔のグリーブ・小手>【降魔のよろいセット】]]と有用なので人気モンスター化。2017年の大晦日カウントダウンでは白箱が実装されてから討伐数が伸びたモンスターランキングで第1位にランクインしたと公式から発表された。
楽園の個体は、大量にいる[[【メタッピー】]]のシンボルにぶつかっても確実にお供として登場し、ほぼノンストップで狩れるため、討伐数が伸びたのだろう。
**Ver.4.5前期 [#e4dd2c78]
[[【邪神の宮殿】]]の天獄に出現する[[【暗黒の星竜機】]]に呼び出される。
通常版より強化されてHPは1万近くあり、[[【ブレイクブレス】]]や周囲に約450前後のダメージ+[[【マヒ】]]を付与する[[【いかずち】]]を使用するようになっている。
*モンスタータロット [#ncb7e9ac]
Ver3.5で追加されたSSランクの[[【モンスタータロット】]]の一種。デッキには2枚まで入れられる。
Ver.3.5で追加されたSSランクの[[【モンスタータロット】]]の一種。デッキには2枚まで入れられる。
効果は1枚につき[[被ダメージを5軽減する>【被ダメージ軽減】]]というもので、デッキに2枚入れればダメージを10軽減する。
効果が強力な分作成難易度も非常に高く、[[【キラーマジンガ】]]と[[【キングエレファント】]]の合成で作成できる。貴重な[[【スライムパック】]]と[[【ビーストパック】]]が必要になるので運が悪いと中々作成できない。
----