【伐採マシン】 の変更点


 *概要 [#b415c5b1]
 レンジャークエスト第2話[[【伐採者を追え!】]]のボス。見た目は深い緑の色を持つ[[【キラーマシン】]]。
 [[【伐採同盟】]]に所属しているドワーフの技術者が開発した…わけではなく、野生(?)のキラーマシンを改造したものだそうだ。
 「野生の機械」という相反する事象の組み合わせではあるが、DQの世界ではいともすんなり受け止められている。
  
 普通に暮らしていたところを捕まって改造によって自我を奪われて奴隷労働に従事させられた挙げ句、敵対組織との抗争に投入され最後には無茶な再改造で暴走という、下手をすると[[【複製体】]]や[[【キュロノス】]]以上に悲惨な生涯を送っているが、同情の声はあまり聞かない。
 これは後に登場した[[【キラーホイール】]]も似たような運命をたどっている。見た目や描写は重要である。
  
 第3話[[【森の断罪者】]]では更なる改造を試みた[[【伐採マシン改】]]が登場。同型機に[[【ステューデントG】]]が存在。
 *攻略 [#za21d42a]
 通常攻撃のほかに、回転切りや弓を引き絞ったり、はげしく斬りつけたりする。
 ----