【冥府の妖陣】 の変更点


 *概要 [#je6f1c06]
 [[【死の道化師】]]が使う技の1つ。
 自身を中心とした中範囲に390程度の闇属性ダメージを与え、更に幻惑と[[【全属性耐性低下】]]をかけ低確率で[[【おびえ】]]により[[【休み】]]にする。
 自身を中心とした中範囲に390程度の闇属性ダメージを与え、更に高確率で幻惑と[[【全属性耐性低下】]]を、中確率で攻撃力低下を、低確率で[[【おびえ】]]により[[【休み】]]にする。
 演出は[[【冥界の門】]]と同じ。
 冥界の門よりは若干発動が遅く、あらかじめ離れておけば見てからの回避が出来る場合もあるが、近接しているとまず避けれないので物理アタッカーは装備・バッジで幻惑ガードをつけてリカバーしやすいようにしておきたいところ。
 後衛や遠距離アタッカーは不用意に近寄らないようにしてなるべく食らわないようにしよう。
 死の道化師の行動の多くは何らかの属性がついているのでこれで属性耐性を下げられると遅かれ早かれ結構な確率で死ぬので出来るだけ食らいたくない攻撃である。
 ----