【巨猫族】 の変更点

*概要 [#wfc1d21a]
[[【猫島】]]に住んでいる巨大な猫の魔物。アトラス本によると''きょびょうぞく''と読む。
魔物の中でも非常に珍しく数が少ないため希少な種族であるが、ちょっとやそっとのことでは倒れない生命力を持つ。
 
現時点では[[【キャット・リベリオ】]]と[[【キャット・マンマー】]]、そしてマンマーの子供である[[【ジュニア】>【子ネコ】 ]]のみしか登場していないが、神話編のストーリーやバサグランデ強のまめちしきで、300年前キャット・バルバドという勇士がいたことが判明している。蒼天のソウラに登場する[[【キャット・ギャレリオ】]]もこの種族。
現時点では[[【キャット・リベリオ】]]と[[【キャット・マンマー】]]、そしてマンマーの子供である[[ジュニア>【子ネコ】]]のみしか登場していないが、神話編のストーリーやバサグランデ強のまめちしきで、300年前キャット・バルバドという勇士がいたことが判明している。蒼天のソウラに登場する[[【キャット・ギャレリオ】]]もこの種族。
 
作中の描写から、巨猫族の魔物はフルネームに「キャット」と言う句が必ず入るようだ。
----