【魔瘴魂グウィネーロ】 の変更点

*概要 [#ya093225]
Ver.5.2ストーリー[[【王の戴冠】]]の[[【ラスボス】]]。[[【???系】]]。
[[【大魔王城】]]における戴冠式にて[[【魔仙卿】]]が呼び出した邪霊で、[[【大いなる闇の根源】]]から剥がれ落ちた皮膚の欠片に命が宿ったものだという。
 
新規デザインで、至る所に棘と突起状に伸びた目が付いた紫色の球体というべき魔物。[[【メドーサボール】>DQ大辞典:【メドーサボール】]]にも似た形状である。見た目は[[【ガルマッゾ】>DQ大辞典:【ガルマッゾ】]]に通ずるグロテスクモンスターと言える。
新規デザインで、至る所に棘とフジツボのような突起(それぞれの内側に目が付いている)が生えた紫色の球体というべき魔物。
同色に[[【混沌の魔瘴魂】]]がいる。
 
主人公達と[[【ユシュカ】]]で戦うこととなる。BGMは[[【ドルマゲス】>【ドルマゲス(曲名)】]]。 
本体もお供として呼び出される[[【魔瘴魂】]]もドルマ系呪文や、魔触系統による状態異常攻撃を連発してくるため、耐性を付けているかどうかで難易度が変わる。
ここでも[[【天地雷鳴士】]]は有効。スティックを持てば、カカロンを呼び出しつつ[[【マジックバリア】]][[【キラキラポーン】]]で呪文と状態異常の両方に対抗できる。
ユシュカが[[【魔剣アストロン】]]で本体の動きを止めてくれることがあり、反撃のチャンスになる。
なお、その見た目上どちらを向いているのかが非常に分かり辛く、思わぬ方向にやみのはどうやニードルシャワーを放つことも少なくない。
そのため肉入りでパーティを組むよりも、サポート仲間を連れて行った方が攻略しやすいかもしれない。

*使用特技等 [#g29f565d]
魔瘴魂グウィネーロ
-[[【ドルマドン】]]:闇属性呪文ダメージ
-[[【魔瘴魂召喚】]]:魔瘴魂2~3匹を召喚する
-[[【ペインアイ】]]:対象に550程度のダメージ
-[[【やみのはどう】]]:前方範囲に550程度のダメージ+素早さ低下
-[[【ニードルシャワー】]]:直線状に600程度のダメージ
-[[【連続魔瘴弾】]]:300程度×6回ランダム攻撃+幻惑
-[[【極大魔蝕】]]:範囲がやや広い[[【魔蝕】]]、ダメージは700程度。

魔瘴魂
-[[【ドルマドン】]]:300程度の闇属性呪文ダメージ
-[[【連続ドルマドン】]]:闇属性呪文ダメージを3回
-[[【薄魔蝕】]]:ダメージ+幻惑
-[[【暗黒のきり】]]:周囲に攻撃力と呪文威力1段階低下+幻惑
----