Top > 【しっぺ返し】


【しっぺ返し】

Last-modified: 2019-06-16 (日) 14:52:56

モンスターズシリーズに登場する特性は【しっぺがえし(特性)】を参照。

DQ7 Edit

【まねまね】と同じく、自分が喰らった攻撃をそっくりそのままお返しする技。
【マリベル】がレベル5で覚える他、武闘家+笑わせ師の【職歴技】スライムの職業でも習得できる。
 
全体的にこちらの攻撃力が低めなDQ7前半においては、ボス戦でのマリベルのしっぺ返しが大きいダメージソースになることも多い。
特に有効なのは【デス・アミーゴ】戦や【どうくつまじん】戦で、不安定ながらも35前後のダメージを与えることが出来る。
漫画版では実際にこの2体に対してマリベルが使ってたりする。
ネリス戦で使うとヒャダルコやマヒャド斬りといった場違いなランクの技を使う姿を、グラコス戦で使うとげはげは笑いながら薙ぎ払うマリベルが見られる。
 
転職前も鞭を装備させておくことで、雑魚戦でもとりあえず使っておけばマリベルが2~3回行動で鞭を振るってくれて中々便利。
【ドラゴスライム】【ブタあくま】の集団相手に鞭とブレスを連発して返り討ちにするマリベルは中々の芸達者である。
ただし、1ターンに同じ敵から2回攻撃を受けた場合は、2回目の攻撃しか適用されないので注意が必要。
 
敵では【ブドゥのランプ】が使用。
HPが高い上に、うかつに強力な攻撃を仕掛けると手痛い反撃を受ける為、通常攻撃主体で片付けるといい。
 
マリベルの持ち技として意識されていた様で、戦闘中にはこんなセリフもある。

ぷはー!
よくも やってくれたわね。
2倍にして お返しするわよ!

3DS版 Edit

3DS版では削除された。
恐らく、戦闘中に味方のグラフィックが表示されるようになったことで、味方側が「巻き付いて締め上げる」だの「ぷくーっと膨れ上がってのしかかる」だの、敵専用行動を行なうのがかなり不自然になるための措置だと思われる。
ただ、そのマリベルはしっぺ返しと入れ替わりで【イオ】を覚えるようになったため、安定性が抜群に高まった。
逆にコレがアイデンティティだったブドゥのランプはガクンと脅威が薄れてしまった。
また、スライム職の★8はこれがへんてこ斬りに変更され、★5では何も覚えなくなった。
 
なお内部データでは残っているものの、無理やり使わせても何も起こらない。
何故か「○○はやりかえした!」の部分が、攻撃してきた相手の名前になっており、自分で攻撃を仕掛けて自らやり返すという、なんとも理不尽な文になる。
 
しっぺ返しに限ったことではないが、3DS版で削除されてしまったPS版にのみ存在する特技は、すべて没データとして残っている。

DQH2 Edit

今作で復活。やられたらやり返すマリベルらしさがアピールできるからだろうか?
レベル12以上でスキルポイント6Pで習得可能。消費MPは8。
今作では巨大な手でビンタをお見舞いするという、理にかなった演出になっている。
威力は低めだが、中型・大型を含む殆どの敵をひるませる事ができる。
ジャストで発動すると身体が光り、あらゆる攻撃をガードでき遠距離技なら反射、直接技なら攻撃して来た相手を短時間ダウンさせる事ができる。
うまくやれば【タイプG】の回転突進などの厄介な攻撃を阻止することが可能。
あの【魔王ザラーム・強】ですらハメ殺せるポテンシャルを秘めており、マリベル使いならぜひ使いこなしたい。