Top > 【しんぴのよろい】
HTML convert time to 0.009 sec.


【しんぴのよろい】

Last-modified: 2018-01-05 (金) 07:27:15

概要 Edit

DQ5で初登場した鎧。毎ターン終了時にHPを回復する効果がある。
毎ターンHPが回復する効果に加え守備力が高めなこともあり、どの作品でも最強クラスの防具になることが多い。
神秘的な装飾が施された、中々に美しいデザインの軽装鎧。
しかし胸部に隙間が多く背中部分もないため、高い守備力の説得力が薄い。
 
DQHでは、この鎧の特性を持った【しんぴのオーブ】が登場する。

詳細 Edit

毎ターンの自動回復効果は、打撃も含めたすべての攻撃に擬似耐性を持っていると考えることができるため非常に強力な防具ではあるが、若干注意も必要になる。
 
耐性による軽減は、当たり前だが攻撃を受けるごとに軽減の効果を発揮する。
例えば、吹雪ブレス攻撃を20ポイント軽減する防具の場合、凍える吹雪を1回受けるごとに20軽減できる。
1ターンに凍える吹雪を2回受ければ、ダメージ軽減量は合計で40になる。
 
一方で、毎ターンHP回復の効果は、耐性とは異なり、1ターンにおける回復量は常に一定であるため、
実質的なダメージ軽減量は、1ターンにおける被攻撃回数が2回だと半分に、3回だと1/3に、と言った具合に、相手の手数に反比例して減少してしまう。
例えば、凍える吹雪を1ターンに2回受け、最後にHPが30回復した場合、吹雪1回における実質的なダメージ軽減量は15ということになる。
複数出現する雑魚敵はもちろん、行動回数の多いボス戦でもこのケースは十分起こりうる。
 
また、HPが回復するのはターン終了時なので、単純にこの効果が発動しないことがある。
ダメージは受けたものの1ターンで戦闘が終了した、敵の攻撃が非常に激しく味方キャラが1ターンで瞬殺されてしまった、といったケースが該当する。
 
これらの例のように、必ずしも耐性持ち防具より優れているとは限らないため、状況に応じて装備の付け替えを行うのがベター。
一見単純そうだが実はなかなかクセのある防具と言えるだろう。
 
逆に、受けるダメージが少ない戦闘では受けたダメージ以上の回復ができることもある。
相手を行動不能にしたり、受けるダメージを抑える手段を用いれば、耐性防具よりも強力になりうる。
守備力に難があるキャラがこれを装備できた場合、純粋に単体攻撃を喰らった場合でも通常よりはダメージを軽減できるという旨みもある。
【きせきのつるぎ】などと組み合わせれば効果は更に上がるだろう。
 
そういう意味でも、耐性つき防具との違いをしっかり考えよう。
弱い相手にわざと戦闘を長引かせて、HPを大きく回復させることもできる。
 
普通に装備しているだけでも強い防具だが、自動回復という点を活かして、
【マドハンド】などを相手とした【オートレベルアップ】にもよく使われる。

DQ5 Edit

守備力75、回復量は30。
【主人公(DQ5)】【男の子】、Eグループが装備可能。
【ちいさなメダル】21枚と交換で入手可能。
 
後の作品と比べると回復量は控えめだが、今作では他の防具の耐性も全体的に抑えめであり、
スライムナイトアンクルホーンソルジャーブル等にとってはこれが実質的に最強の鎧となる。
 
【きせきのつるぎ】と併用すれば、生半可なダメージをものともしない。

リメイク版 Edit

小さなメダル28枚と交換になった。
また、【すごろく場】の宝物庫でも手に入るようになった。
 
【フローラ】を結婚相手に選んだ場合は、青年期後半の【カボチ】村でもルドマンからの贈り物として手に入る。(DS版では【デボラ】も同様。)

DQ6 Edit

守備力75、回復量は50。
DQ5同様ちいさなメダルの景品(60枚)であり、最速で【さいごのかぎ】入手後に貰うことが可能。
その他ではお楽しみダンジョンでも入手できる。
DQ5から回復量が20も上がっており、盾の耐性も加味すれば【マヒャド】クラスも相殺可能と非常に強力。
さらに【勇者】が装備しているなら、HP回復が2連続で発動する。
【アストロン】と併用すると、鉄化しているターンにも回復できるという、強力すぎる仕様がある。
重厚な鎧と言うより装飾品のような外見であるため、人間キャラ全員で使いまわせる(女性の【ミレーユ】【バーバラ】でさえ装備可能)という点も地味ながら魅力的である。
モンスターで装備可能なのは装備グループB・Dのみと意外に少なく、DS版ではどのスライムも装備できない。
最終的には、男性陣にはメタルキング鎧があるので、ドラゴンローブを回せなかった方の女性キャラに装備させるのが良いだろう。メタルキング鎧をうまく調達できなかった場合には、チャモロに装備させることも選択肢に入る。
 
また、【ベストドレッサーコンテスト】用の装備としても優秀であり、
素のかっこよさが55もある上に【きせきのつるぎ】との組み合わせで+40のボーナスを得られる。
きせきのつるぎを【おしゃれなかじや】で叩き直していれば装備2枠で合計146も稼ぐことが可能。
残りの装備枠を自由に使える上に性別を選ばないため、ランク5程度まではこの組み合わせを使いまわすだけであっさりと勝ち抜ける。
これに鍛え直した【ほのおのたて】【プラチナヘッド】をあわせれば、なんとプラチナシリーズ4点セットをも上回る高得点が出せるので、職業とレベル次第でランク6もクリア可能。
ちなみに、【くさったしたい】の装備グループのモンスターもこのコンボを利用できるため、仲間モンスターの加入状況次第ではランク7もこれで行ける。

DS版 Edit

回復量が30に下げられている。
あまりに強力すぎるせいか、アストロンとの併用は不可能になったので注意。

DQ7 Edit

守備力75、回復量は50。
【コスタール】【カジノ】景品になっている。【ガボ】以外が装備可能。
 
やはり今作でも最強クラスの鎧。しかもカジノでコインが稼ぎやすいこともあり、かなりお手軽に人数分揃えられる。
カジノ景品とはいえ、そんな防具が終盤の最初の方で手に入れられてしまうのだから有り難い。
【ドラゴンローブ】も早いことで有名だが、こちらは更にその上をいく。
今作では特に【プラチナキング(職業)】との相性がいい。
DQ6と同様に、アストロンとの併用も有効。

3DS版 Edit

アストロンとの併用が不可能になった。
また、上位版の【真しんぴのよろい】が登場している。

DQ8 Edit

守備力84、回復量は30。
ちいさなメダル75枚の景品で入手できる一品物。
【竜骨の迷宮】【薬草園の洞窟】にある3枚で丁度75枚になるが、【海賊の洞窟】の入り口で拾える1枚で代用可能。
【主人公(DQ8)】【ククール】が装備できる。
本作にはアストロンはないが、【だいぼうぎょ】と併用する事でほぼ同様の戦法が可能。
 
カジノの景品の【はぐれメタルよろい】、性能に癖の強い【ミラーアーマー】を除けば、
クリア前の主人公にとって最も守備力の高い鎧となる。
  
売値は7750G。

3DS版 Edit

錬金で上位品の【しんぴのよろい・改】を作れるようになった。
他の必要材料は【まもりのルビー】【命の指輪】

DQ9 Edit

守備力46、回復量は25。
ちいさなメダルの景品及び、【ブラッドナイト】からのドロップで入手できる。
【いやしのうでわ】【まもりのルビー】と錬金することで【しんぴのよろい改】に強化される。

いやしのうでわと一緒に装備しても効果は重複しないので、この鎧を装備する時は他の装飾品に付け替えておこう。

DQ11 Edit

【主人公(DQ11)】【カミュ】【シルビア】【グレイグ】が装備可能な鎧。

-+1+2+3
守備力100106113120
HP自動回復30

 
【ネルセンの迷宮】【試練の里への道】の宝箱に入っている。

DQMB2 Edit

第二章から登場。
上昇するステータスは、かしこさ+5 みのまもり+48。
 
装備すると、打撃耐性が上がるが、全ての攻撃呪文の耐性が下がるので、【みかがみのたて】といった攻撃呪文を防ぐ盾があると便利。
【戦士】【バトルマスター】が装備するとターン終了時、HPを約50回復することがある。確率的には50%ぐらい。
他の職業では自然回復しないので注意。