Top > 【たけやりへい】


【たけやりへい】

Last-modified: 2019-01-17 (木) 16:43:45

概要 Edit

DQ10で初登場した、機械仕掛けの足軽のような兵隊型モンスター。
名前の通り竹槍を持ち、全身竹のような緑色のボディ。
上位種に【とうろうへい】【からくりだいみょう】【からくりしょうぐん】【エビルチクリン】などがいる。

一見さまようよろい系の親戚筋に見えるが、なんとキラーマシンの廉価量産版らしい。

DQ10 Edit

イナミノ街道で登場。周辺のモンスターよりも守備力は高め。
Ver.2.0から仲間にできるようになった。【マシン系】
詳しくはこちらを参照。

DQ11(3DS版) Edit

【カラーストーン採掘場】に登場。おそらく【からくり兵】の代役と思われる。
多くの3DS限定モンスターが【ゾーン】状態にならない中では例外的に最初からゾーン状態になっていることが多い。【おうえん】【さみだれ突き】【超さみだれ突き】を使ってくる。
【まんげつそう】【はがねのやり】(レア)を落とす。竹槍じゃないのか…。

イルルカ Edit

物質系のBランク、1枠のモンスターとして登場。
上位種が登場していないため、【たけやり】持ちなのに割とランクが高い。
野生では宿り木の塔外観と内部の低層に出現する。
塔を警護するような動きをしており、こちらを見つけると突撃してきたり、竹やりで威嚇してくる。
ただ追尾時間が非常に短く、少し引き返せば相手もすぐ諦めてしまう。
また【マポレーナ】と見つめ合っている、やる気があまり無い個体もいたりする。
 
戦闘においては、スタンダードボディに加え、おうえん、かばうというサポート特性を持つ。
博愛精神は立派だが、こいつの耐久力はメタルほど高くないのでかばうが発動して大ダメージを受けることも。
プラス25で【いきなりスカラ】、プラス50で【ツッコミ(特性)】、新生配合で【最後のあがき】の特性が解放される。
ちなみにメガ、ギガボディ化で【AI1~3回行動】、ギガボディ化で【全ガードブレイク】の特性を習得する。
所持スキルは、【バウンティハンター】
 
また、【九神将】のカギで出てくる神将の取り巻きとしても登場する。
神将達が戦国武将をモチーフとしている点で、神将を守る足軽をイメージしているのだろうか。
だが、厄介なのはこいつが持つ最後のあがき。このあがきで味方が倒されてしまうと少ないラウンド数で倒してもSの評価が貰えなくなり、カギのレベルが100でも抽選に外れる可能性が生じてしまう。

DQMJ3 Edit

物質系のFランク。
上位種が登場したため妥当なランクに落ち着いた。
所持スキルは【マテリアフォース】
【悪魔ザイガス】系、【オーク】系、【おにこんぼう】系、【コトブキーノ】系同様に【アークデーモン】のモーションが流用されている。

DQMJ3P Edit

【メタルハンター】と置き換わる形で、野生の個体が【崩落都市】の送電施設及びセンタービルに出現する。時々【しっぷうづき】を使ってくる。
センタービルにも出現するが、時々【グレムリン】が入り込むことがある。1体のたけやりへいにグレムリンが2回以上入り込むこともある。
29階の個体にグレムリンが入り込んだ場合は最初からテンション+25の状態で出現するので注意。これに加えて運悪く【おうえん】が発動すると強烈な一撃を浴びせられる羽目になる。
合体特技は【世界樹の恵み】、合体特性は【超おうえん】