【つながるガラスまど】

Last-modified: 2021-02-28 (日) 11:43:09

DQB2

木の枠と透明な素材で作った【窓】
【オッカムル島】【ビルドレベル】を2に上げるとレシピをひらめくが、【モンゾーラ島】【ハーゴン教会】の採光窓にも使われており、そこから先行入手可能。
 
「つながる」と書いてある通り、これを並べて設置することで連結し、一番外側にのみ木の枠があり、それ以外は全てガラスになる窓ができる。
それ以外の性質は基本的に前作の【ガラスまど】と同じ。
必要な素材は【ガラス】×2、【木材】×1で、一度に5個作成される。
これにより、前作では不可能だったガラス面に窓枠が入らない壁一面ガラスという建物を建てられるようになった。
ただ、つながるのはあくまで同じ面だけで、垂直方向につながることはないため、例えば四角形の部屋を作りたければ隅には立方体のブロックを置かないと隙間ができてしまう。
 
なお、連結して設置するとブロックの形が変わるアイテムに共通することではあるが、一度ガラスまどが連結した後に破壊したり【グローブ】で移動させたりしても残った部分は形が変化することはない。
これを利用すれば、窓枠なしでガラスだけの面を作ることも可能。
外した分は【ビルダーハンマー】でも元のアイテムに戻ってしまうのでやや面倒ではある。
【パーツふるい】にかけると「まど枠固定ガラス」というものになるが、要は「つながらないガラス窓」で小さい窓枠のまま並べられるようになり、【ゴルドン酒場】の1Fにあるような格子状の窓を作る事も出来る。
 
第二弾DLCの水族館パック実装に合わせて行われた2019年3月28日の無料アップデートで、ガラス系統のブロックが水に隣接した場合に位置調整を行うことができるようになった。
通常だと中央に配置されるのが、位置調整するようにした場合は水に近づくように設置されるようになる。
これにより、【水槽】を作る際には角に立方体のブロックを置かずとも、ガラスまどだけで自然に作ることができるようになっている。