【とじこめの壺】

Last-modified: 2020-05-05 (火) 18:50:31

概要

【不思議のダンジョン】シリーズに登場する「」系のアイテムの一種。
この壺の中にはアイテムを入れる事はできず、モンスターに投げ当てて使用する特殊な壺となる。
 
元ネタは『風来のシレンGB2』からの同名の輸入アイテム「閉じ込めの壺」が該当する。
ちなみに壺の中にモンスターを閉じ込める概念は『SFC版風来のシレン』の「やりすごしの壺」が該当するが、
DQのキャラクターが【主人公】を務める不思議のダンジョンシリーズにはまだ「やりすごしの壺」は登場していない。

トルネコ3

販売価格は1500G、買取価格は750G、重さは500。空き容量は1で固定。
 
上述の概要欄の通り、この壺の中にはアイテムを入れる事はできず、モンスターに投げ当てて使用する。
対象のモンスターを壺の中に閉じ込めて確実に排除する効果があるが、その代わり経験値は得られない。
プレイヤー側が通常状態で投げた場合に限り、必中効果が発揮されるので、1発限りの必殺兵器として猛威をふるう。
その為【潜ってかわす能力】の敵や【2ダメージ化能力】を持つ敵以外ならば、回避率を無視して確実に処理する事ができる。
但し【遠投の指輪】【遠投の石像】による遠投状態、【くさった死体】に変身した時の【放物線投げ】状態では必中効果が失われ、時々外れる場合がある。
遠投状態で必中させたい場合は【投げ名人の指輪】との併用が必須になるが、クリア後のダンジョンでしか入手できないのでシナリオ中では使用できない。
 
この壺自身の必中効果により、全アイテム中で唯一【へた投げの指輪】を装備していても決して外れる事は無いが、代わりに指輪の識別はできない。
また【壺強化の巻物】の効果で強化したとじこめの壺(それ以外の種類の壺も含む)は、モンスターへ向かって投げ当てようとしても必ず外れる。
なお、PS2版のみ操作キャラクターがマホトーン状態の時に【2ダメージ化能力】を持っているモンスターにこの壺を投げ当てれば、通常通りとじこめ効果が発揮される。
この仕様を利用すれば、本作のラスボス【ヘルジャスティス】も、【洗脳】された【メイジキメラ】にマホトーンの効果をかけてもらえば閉じ込めてしまう事ができる。
モンスターを閉じ込めると地面に張り付いて持ち歩けなくなるが、【ふきとばしの杖】の魔法弾を用いてモンスターに投げ当てればこの壺の効果を再利用できる。
なお最初にこの壺の中に閉じ込めたモンスターは完全に消滅する。
 
壁や【水晶】等の障礙物にぶつけて投げ割ると、この壺に閉じ込めた同種族のモンスターが全ての【状態異常】を初期化した状態で出てくる。
【仲間モンスター】【潜ってかわす能力】を持つモンスターを閉じ込めた場合は、中身が「モンスターの跡」になり、割っても何も出てこない。
また、単独のアイテムとしては【まものの壺】と並んで最も重い(500)ので、【体重じまん大会】の持ち物としても利用価値がある。
【異世界の迷宮】では持ち物に余裕が無い場合がとても多く、持ち歩くのは困難だが、必中のリーサルウェポンとして思わぬ局面で活躍する場合も。
特にポポロ編では【魔法反射】能力を持っており、かつ高回避率の【あやしいかげ】に対する最後の切り札として重宝する。
 
なお操作キャラクターがこの壺の効果を受けると「問答無用で冒険失敗になってしまう」ので要注意。
HPがゼロになる訳では無いので世界樹の葉の効果も発動せず、【大風】で吹き飛ばされた時と同じく地上へ強制送還されてしまう。
特にこの反則級の投げ技を【バリナボチャレンジモード】中に受けてしまったら唖然を超えて茫然となる事間違い無しだろう。
この理不尽な事故死の詳細は【とじこめ投げ】をご覧いただきたい。
 
【マドハンド】系統・くさった死体系統の放物線投げによる投擲を行うモンスターが出現するフロアでこの壺を発見した場合、早急に割って処分してしまおう。
命とお金どちらを取るか、分かり切った事である。