【とつげきへい】

Last-modified: 2022-06-28 (火) 15:31:07

DQ5

「名は体を表す」ということわざが最もよく似合うモンスター。
ヤリを持った軽装の兵士。常にこちらに向かってダッシュしているグラフィックである。
上位種の【ランスアーミー】【じゃしんのへいたい】は人間離れした肌をしているお陰で一応モンスターっぽいのだが、コイツは肌の色が肌色なので人間にしか見えない。
というか、どう見てもベトコンの兵士をモチーフにしたとしか思えない出で立ち。
デザインが際どすぎて【ビビンバー】系統と同様に海外で炎上する可能性があったためかDQ5以外ではこの系統は再登場していない。
 
うわさのほこら周辺や【魔物のすみか】内部に出現。
名前の通りの力押しで、通常攻撃に加えて突進の【強化攻撃】を使う。
集団で現われる上に攻撃力が75と高く、なおかつ強化攻撃の使用率も高いため、素早く対処しないと被害が大きくなる。
耐久面もHP60・守備力72と中々に高く、【ビッグスロース】と一緒に出現した場合、スカラがかかってしまうと更に頑丈になってしまう。
メダパニが確実に効くが、他の状態異常の効きは悪い。打撃攻撃しか行わないのでスクルトが一番の安全牌。
見た目は人間だがニフラムが高確率で効くので、身の安全の確保を優先するならさっさと消してしまおう。
攻撃呪文や特技は軒並み素通りするが、バギ系にだけは高い耐性を持っているため、主人公にとっては総じて分が悪い相手と言える。
ドロップアイテムは【てつのむねあて】。1/16と結構な確率で落としてくれる。
 
リメイクではただでさえ高い攻撃力がさらに10上がって85、素早さも6上がって47になり、突進力が増した。
しかも出現数が多くなり、油断すると一気に殲滅される。
スクルトも大きく弱体化しているので、メンバーの防具をきっちりと整えてから戦闘に臨みたい。
【ミステリドール】が仲間にいるならメダパニの試し撃ちにどうぞ。

ちなみに、PS2版での、倒されたとき、眠っているときのグラフィックは、【がいこつへい】系と同じ。