【なかま】

Last-modified: 2020-03-11 (水) 18:40:17

概要

DQ8から登場した、仲間キャラとの【会話システム】を使用する際に使うコマンド。
しかし開発段階も含めると、会話システムが初登場したDQ7の時点でも見られた。
トルネコ3に登場する「仲間」というコマンドもここで解説する。
 
DQ11に登場する集団については【ナカマ】を参照。

DQ7〈没〉

開発段階で【はなす】のサブコマンドとして搭載されていた。
「はなす」を選ぶと「なかま」「やめる」のサブコマンドが現れ、そこで「なかま」を選ぶことで仲間のセリフが聞ける仕組みであった(従来からの「目の前のキャラクターとの会話」を行うサブコマンドは不明)。
製品版では削除されたが、結果としては◯ボタンを2連続で押すだけで会話できるようになりテンポは良くなっている。

DQ8

DQ7などでは「はなす」で行っていた仲間との会話を、DQ8ではこのコマンドを使って行うようになった。
このコマンドの出現により、【しらべる】がリストラされてしまった。
 
DQ8では移動時は先頭のキャラ1人しか表示されないが、本コマンドを選択すると「ピロピロ」というSEとともに画面が切り替わり、【主人公】以外の仲間の姿が並んで表示される。
そしてカーソルで話したいキャラを選択(スマホ版ではフキダシマークをタップ)するとそのキャラが喋ってくれる。
そこからさらに仲間同士で会話が続くこともある他、ゲーム再開直後などは、それまでの旅のあらすじや次の目的地などを自動で誰かが話し出す事もある。
フィールド上など【馬車】が同行している場面では、【トロデ】にも話すことができる。
仲間の誰かが死亡している場合は、そのキャラは【棺桶】で表示され会話には加わらない。仲間同士で雑談に花を咲かせる状況が何度かあるが、その時死者がいると会話はそこで終わってしまうので注意。
 
PS2版・スマホ版でのキャラの位置は【隊列】で前の方のキャラから①前列やや右→②中列左→③中列右に配置され、④トロデはさらにその後ろに表示される。


②  ③
  ① 

なお同行型NPCとの会話は直接話しかけて(移植版では枠をタッチして)行う。

3DS版

Yボタンでこの機能が呼び出せるようになったほか、下画面にもショートカットボタンが搭載された。
隊列に関係なくキャラごとに位置が固定となり、前列は左から②ゼシカ・①ヤンガス・③ククール、中列は左に④【ゲルダ】、右に⑤【モリー】が配置され、後列に⑥トロデがいる。
また、歩行中のトロデ王は悲惨で画面の左上に浮かんでいる。不憫。
馬車が切り離されるダンジョン内では、ダンジョンに連れてきた3人のみが表示される。


④ ⑤
② ① ③

DQ11(PS4版)

DQ8と同タイプの移動仕様であるPS4版DQ11にも採用。DQ8と同じく会話画面を開くと1人が自動的に喋った後にキャラの選択になる。
同行型NPCとの会話もこのコマンドで行えるが、DQ8のように直接話しかけることもできる。
DQ8から進化した点として、場合によってはうつむいていたり怒り顔であるなど、各キャラその時の感情に応じたポーズや表情をとるようになった。
 
キャラの並び順は、基本的に背が低い順(パーティメンバーでは、【ベロニカ】【ロウ】【セーニャ】【マルティナ】【カミュ】【シルビア】【グレイグ】の順)に①前列中央→②前列中央右寄り→③前列中央左寄り→④前列右端→⑤前列左端→⑥後列中央右寄り→⑦後列中央左寄り(→⑧後列右:8人パーティ時にNPCがいる場合)となる。
NPCを引き連れている場合も、そのキャラの身長も含めて背が低い順に並ぶが、例外的に【エマ】だけは常に前列中央に並ぶ。

  ⑦ ⑥ ⑧
③   ②
⑤   ①   ④

DQ11S(3Dモード)

コマンド自体はPS4版の仕様であるが、マイナスボタンでも呼び出せるようになった。
またキャラを選ぶと簡単なボイスを発する。
バトルメンバーのPCはこのコマンドを使わずに直接話しかけることもできるようになった。しかし全員の話を一度に聞きたいときはやはりこのコマンドが便利。
 
新規の【希望の旅芸人】シナリオでは【アリス】を中心として、それ以外の【ナカマ】たち最大10人がその左右に前列後列に分かれて5人ずつ並ぶ。

トルネコ3

【ポポロ】を操作している時に「マップ」の代わりにメニュー画面に表示されるコマンド。表記は「仲間」。
L2ボタン(GBA版はLボタン)ワンタッチで開くこともできる。
開くと、【仲間モンスター】のステータスを調べたり、解雇したり、近くの仲間モンスターに命令を与えたりすることができる。
ただし、ポポロが状態異常に陥っているときは開けない。
 
仲間モンスターにカーソルを合わせると周囲のマップを調べることができるため、【かってにしてね】で放浪させたり、【ルーラ草】【バシルーラの杖】【一時しのぎの杖】といった方法で辺境に飛ばしたりすることで仲間モンスターにマップを埋めてもらうというテクニックがある。