Top > 【れいせい(特性)】


【れいせい(特性)】

Last-modified: 2016-06-22 (水) 00:05:31

DQMJ3 Edit

本作で初登場した特性。
この特性を持つモンスターは基本的にテンションが変化しなくなり、混乱・眠り・麻痺・休みの耐性が1段階上がる。
ただし【系統テンションバーン】によってのみ上昇し、
テンションを消費する行動をとる・【ライドインパクト】を発動する・【いてつくはどう】【いてつくはもん】を受けるなどで元に戻る。
 
みがわり役につければテンション低下を防ぎつつ耐性を上げることができる。
また、【遊び人のマイム】とも好相性、例のタンバリンみたいに使える。

勿論単純な耐性強化としては【全ガード+】に譲る。
ただこちらはコストが5と比較的軽めなので、他の特性を組みやすい利点がある。

しかし実はこの特性には変わった利用法がある。
本作のAIは「ダメージを与えられない」と判断するとテンションを溜める傾向にある。
が、この特性を持っていると溜め行動でテンションが上がらなくなる為延々と(無駄行動になるが)テンションを溜め続ける状態になる。
その為、特に高耐久+【ミラクルボディ】軸の相手に対して無駄な特攻を仕掛けなくなるのだ。

所持するモンスターは【ヘルコンダクター】【スカルゴン】【凶メタルスライム】【水竜ギルギッシュ】【エンペラン】