Top > 【アイアンブルドー】


【アイアンブルドー】

Last-modified: 2019-07-16 (火) 22:17:01

概要 Edit

DQ9で初登場したモンスターで、【ブルドーガ】の色違い。
やたら分厚く、いかにも硬そうな真っ黒の皮膚を持つ魔獣。
その皮膚は鋼鉄のごとき硬さだという。「見かけによらず心優しい」らしいが…。

DQ9 Edit

宝の地図の洞窟・遺跡タイプのE~Cランクに出現する。
アイアンだけに守備力が【スライムマデュラ】以上に高く、こちらが初めて出会う時点ではかなりしぶとい。
攻撃力も高く、テンションを上げたり、更に【ガレキ落とし】による全体攻撃までする。
生半可なパワーではダメージを与えにくい。
黒い見た目とは裏腹に闇属性が有効で、【ドルマドン】【ビッグバン】を使えばほぼ一撃で倒せる。
逆に他の属性はやや効きにくい。もし闇属性の攻撃が無い場合は【ダークフォース】を使って戦おう。
ガレキ落としも土属性なので、ダークフォースを使えば攻守共に有利になる。
…スライムマデュラが一緒に出てこなければ、だが。
倒すと【まじゅうの皮】【プラチナこうせき】を落とす事がある。
 
いかつい見た目だが、図鑑によると優しいモンスターらしい。
リアルの動物でも基本穏やかだが縄張りを荒らしたり危害を加えてくる者には容赦ないものもいるのでその類だろうか。実際に無人の洞窟で静かに暮らしているが、住処を荒らす侵入者がやって来たらがれきを落として撃退するという記述もある。
フィールドでの動き方は突進するだけなので避ければ戦闘にならずにすむし。
宿王グランプリでは20匹倒すというクエストを出されるが、お題の答えとこのモンスターに関連性は見当たらない。
もし本当に優しい動物なら【セントシュタイン国王】に何故このモンスターを選んだのか聞いてみたいところである。
 
「第3回ドラゴンクエスト9国勢調査」での「討伐数最多モンスターランキング」では97193510匹を記録。6位に入っている。
この際のコメントで「なんていうか……、大きいから当たっちゃいますもんね。」と言われているが、
確かに彼はボスの色違いということで巨体だし、狭い道などでは回避が困難。
しかも手に入る機会が多い洞窟や遺跡タイプに出る関係から、多くのプレイヤーが何度も何度も戦わせられる羽目になっていたのだろう。

能力データ Edit

最大HP522
MP36
攻撃力420
守備力516
素早さ129
アイテムまじゅうの皮(1/8)
プラチナこうせき(1/32)
特殊行動ガレキ落とし
とつげき
ためる

宝の地図限定の敵としては比較的早い登場にも関わらず、歴代の雑魚敵と比べても最上位の攻撃力と守備力を兼ね備えている。
かなりの強敵だが、宝の地図のモンスターではこれでも弱い部類というのが恐ろしい所といえる。
こいつと激闘を繰り広げる関係上、ドロップ品のまじゅうの皮とプラチナ鉱石が余りがちになるが
まじゅうの皮はポンチョとベストに加工して、プラチナ鉱石はプラチナアーマーに加工して売りさばくといい。

DQMJ2P Edit

名前に「アイアン」と書いてあるからか、物質系のCランク。
野生では出現せず、ダークホーン×あばれこまいぬの特殊配合のみで誕生する。
あばれこまいぬも野生で出ないため作るのは地味に面倒。最強化するのはもっと面倒。
さらに、こいつを使う特殊配合は1つもない。そのため、作らなかった人が多いのではないのだろうか?
特性はれんぞく、ベタンブレイク、ダウンブレイク。また最強化すると自動HP回復の特性を得る。
ステータスは前衛系だが、HPの伸びがあまり良くないのが辛い。限界値はそこそこ高いのだが…。
そんなわけでよほど寄り道して鍛え上げない限り、シナリオでも対人戦でも使いにくいだろう…。

テリワン3D Edit

系統が魔獣系になった。
野生ではきょじんの扉やとこやみの扉に出現。タマゴから生まれることもある。
特性は【スタンダードボディ】、れんぞく、【ベタンブレイク】【パラメータブレイク】、自動HP回復。
組み合わせは変わらないので一番楽なのは配合。

イルルカ Edit

野生では出現しないが、【他国マスター】が連れていることがある。
【新生配合】でロケットスタート、【メガボディ】化でAI1~3回行動、
【ギガボディ】化でいきなりピオラを習得。