【アレクス】

Last-modified: 2020-06-22 (月) 09:08:12

DQ4

【バトランド】在住の男性で、【フレア】の夫。
英語版での名前はNES版ではAlex、DS版以降ではAngus。
 
妻いわく「冒険が好き」らしいのだが、冒険中に魔物に襲われた時に恐怖のあまり精神が幼児退行を起こしてしまう。
記憶まで退行したのか自分の家の事なども忘れており、そのまま近くの村の【イムル】にいたようだ。
イムルでは子供達からアレクスちゃんと慕われていたらしい。が、幼児退行と記憶喪失どころか社会常識も忘れていたようで、「お腹が空いたから貰っただけ」と言ってパンを盗んで逮捕され、地下牢に閉じ込められた。
だが、【ライアン】がバトランドから連れて来た妻の【フレア】【ぱふぱふ】を受けて、元の人格に戻る。
ちなみに「子供たちは大人にはけっして話さない子供たちだけの秘密を持っている」という状況の中で、幼児退行したアレクスが子供たちと仲良くなって【古井戸の底】の秘密を聞いていたという怪我の功名のようなエピソードになっている。
彼の記憶が戻ったことで、ライアンは古井戸の底の情報を得ることができる。一見、誘拐事件とは無関係の夫婦の世話を焼いたことで事件解決の糸口をつかんだのは、同僚からのんびり屋と言われるライアンならではの手柄と言える。
なお、ライアンの他にも【湖の塔】に到達できた戦士が数人いるが、彼らは子供たちから秘密を聞き出せたわけではなく、「偶然古井戸を見つけて」という理由付けがなされている。
 
1章の事件解決後には妻に連れられてバトランドに戻り、それ以降は元通りバトランドの自宅でフレアと一緒に暮らしている。
ちなみに5章では昼間はどこかに仕事に出かけているのか不在で、夜にしか会えない。
彼がどんな仕事をしているのかは不明。
 
四コマ劇場では記憶が戻ってバトランドに帰った後なのか、妻とバカップルぶりを披露しているのをみた【ホイミン】が人間になりたいと思っていたりする。

リメイク版

彼の家にあるベッドは(少なくともゲーム中で見える範囲では)世界で唯一のダブルベッド仕様である。
……相変わらず夫婦仲がよろしいようで何より。
 
記憶喪失になる直前には湖の塔の秘密を探っていたという設定が追加され、記憶が無くなる前から子供たちに聞き込みをして情報を得ていたことになった。
だとすると、ある日突然幼児退行したアレクスに子供たちはどういう印象を持ったのだろうか…。
おそらくはアレクスがキーパーソンであるということをプレイヤーにわかりやすくして謎解きの難度を大幅に引き下げる目的があったのだろうが、そもそも、上記の様に元々は「子供たちは大人には秘密を話したがらない」という設定だったのが完全に台無しである。

DQMCH

キャラバンハートにて、物語の最初で仲間になる【戦士】。新しくキャラバンリーダーとなった【ルイン】に不安を抱いている。
 
男性の戦士で、重さは4と何かと不便。
序盤はガードモンスターの攻撃力も低く、【アリサ】【メラ】【アン】【かいしんだ】?で済んでしまうので、大体の人がキャンプ送りにするだろう。
しかし、戦士は攻撃力が高まる中盤以降で貴重なダメージ源となるので、多少重さを圧迫されても乗せる価値はある。
 
最初に加入するメンバーの一人であるため、【デクソン】【ランドル】と共に、【マガルギ】戦後まで別れる事が出来ない。
おまけに、【クラスト】というもっと軽い戦士もいるため、かなり邪魔な奴という印象がどうしても強くなってしまう。
また、戦士は4人そろっての究極連携よりも、3つの馬車に一人ずつマスター戦士を乗せてガードモンスター全員の攻撃力を上げる事が肝である為、クリア後のアレクスは究極連携の数合わせになる事も無いままマスター戦士に取って代わられてしまう……。