Top > 【アンデッドマン】


【アンデッドマン】

Last-modified: 2019-02-24 (日) 17:34:30

概要 Edit

DQ2などに登場する、左利きの骸骨の剣士。やたらと傾いているデザインが特徴。
 
上位種に【スカルナイト】【ハーゴンのきし】が、亜種としてスーパーライトには【主人公(DQB2)】がモチーフの「ビルダーブラザー」が味方限定で登場。
ナンバリングではDQ2の後長らく登場できなかったが、30年ぶりにDQ11で登場し、【黄金兵】【ニズゼナイト】などの同系新種も登場した。
ちなみに、DQでアンデッドと付く単語は長らくこれだけであったが、スキル【アンデッド】が登場してその独占は終わった。
【鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ】では「スカル」という仮名が付けられていた。

DQ2 Edit

【大灯台】の上層にしか出ない上【ドラゴンフライ】のインパクトに隠れてしまっているが、腰が曲がっているようにしか見えないその見た目が強烈で印象に残りやすい。
実は【集中攻撃】をしてくるが、狙われたキャラは防御していればいいので、むしろ戦いやすい。
リメイクでも3/8と他の敵より高い確率で集中攻撃のスイッチが入る。ただし、不意打ちには要注意。
落とすアイテムは【ふくびきけん】。確率は【ホイミスライム】より高い程度。ただ、大灯台には更に高確率で福引券を落とす【ラリホーアント】がいるので落としたらラッキーという位。

小説版 Edit

大灯台でパーティを襲撃した。

DQ11 Edit

バンデルフォン王国跡の夜や【グロッタ地下遺構】で登場。
3Dモデルでもあいかわらず傾いているが、DQ2では腰が曲がっており背骨~首は真っ直ぐだったのに対し、本作では腰は据わっており背骨が少し曲がって、首も傾いている。
3DS版では【名もなき地】【古代図書館】東)にも出現する。ドロップアイテムは【大きなホネ】レア枠は【はがねのかぶと】
通常攻撃のほか、敵全体の攻撃力を1段階ダウンさせる【だつりょくおどり】という新技を身につけた。まさかバンデルフォン音頭?
バンデルフォン王国跡に出るものたちは元バンデルフォン国民であるらしく、彼らにれんけい技【聖なる祈り】を使ってから倒すことで成仏させるというクエストが存在する。

邪ver Edit

ステータスの上昇以外は特に変化はなく、こちらを聖なる祈りを使って倒すことでもクエストは達成可能。
通常版同様、3DS版では名もなき地(古代図書館東)にも出現する。

DQMB2 Edit

これまで他作品に再登場できなかったが、第五章で久々に復活。
ステータスはHP:640 ちから:86 かしこさ:69 みのまもり:73 すばやさ:45。
使う技は「闇の刻印」と「じゅくれんのわざ」。
前者は剣をぶん投げて盾からレーザーを放って爆発を起こし、敵全体を攻撃。後者は剣の乱舞のあと盾を放り投げて敵1体を斬りつける。マヒの効果あり。
武器や防具はかならずそうびしてください!
 
ステータスが全体的に優れており、それなりに扱いやすいモンスターの部類に入る。
僧侶と組むと、じゅくれんのわざが「かなしばり」になる。この技は呪いの剣で敵1体を攻撃し、動けなくする。じゅくれんのわざの使い回しなのでやっぱり盾を捨てる。
しかし、こいつが新登場したバトルロード2の五章は他にも【ドラゴンゾンビ】【しのどれい】といったゾンビ系が多く登場している。何となく気味が悪いのは気のせいだろうか……。

DQB2 Edit

【モンゾーラ島】で出現する。DQ11登場から追い風が吹いている。倒すと【骨】を落とす。
その他主要キャラクターとしてはプロローグで出会う【船長】がアンデッドマンである。