【アーマン】

Last-modified: 2024-06-16 (日) 00:52:29

トルネコ3

仲間になった【キラーアーマー】のデフォルトネーム。

ビルダーズ2

【オッカムル島】に住む【バーテンダー】。家族構成は娘に【ペロ】がいる。【バニーガール】だった妻とは死別している。
鉱山で【バー】を経営していて連日【あらくれ】達でかなり賑わっていたようだが、島全体を潤したゴールドラッシュが【メドーサボール】のせいで終わり、鉱山に集うあらくれたちも居なくなったことで彼のバーも潰れてしまい意気消沈している。
ペロは島の復興の第一歩として彼のバーを再建することをまず掲げ、【主人公(ビルダーズ2)】の手で無事に蘇るとイキイキと【シェイカー】を振り客に【ルビーラ】を差し出すようになる。
 
シェイカーに入れても痛くないほど愛する一人娘のペロをなにかと心配し、バニーとして働くことにも苦言を呈するが、この件に関してはアーマンがバニーになってみたいことが本心だったようだ。
ストーリー終了後に訪れるとバニーになっている彼といい、相変わらずバニーは見るだけでなく、なるものらしい。
ちなみに蝶ネクタイは小さい頃のペロが作ってくれたもので、一生の宝物として大切にしている。
 
他の【そざい島】のバーテンダーと異なり、ストーリーが進むと娘のためなら命も惜しくないと武器を装備できるようになり積極的に戦ってくれる。
 
オッカムル島シナリオにひと区切り付いてアーマン父娘達が【からっぽ島】に渡った時分にはバーテンダーは数名増えており、【ゴルドン酒場】に多少手を入れてもなお彼のバーも十分切り盛りできるので、そのまま残して問題は無い。
だが、オッカムル島拠点はデフォルトの地盤から地下に掘り広げられない仕様なので、彼の酒場の後ろ側、即ちゴルドン酒場の真下あたりの【黄山岩】がひしめく空間も貴重な開発用地になる。
その一帯をビルドしていると、最終的には彼のバーも一度更地にするか、【ビルダーペンシル】でも用いて移築する事になりがちだろう。そこまでしてオッカムル島拠点を開発し続ける必要も、無いと言えば無いのだが。
 
好みの部屋は広さ「2」と豪華さ「4」、【ムード】は「えっち」。ダンディーな見た目とは裏腹の「えっち」好みは意外なようにも思えるが、考えてみれば従業員のバニーガールと結婚するような男である。仕方はないだろう。
「えっち」作りは【えっちなライト】【エッチなほん】がとんでもない量のえっちポイントを有するため、一つ置くだけでほぼ確実に壁と床の材質を問わずえっちな部屋に仕上がる。
そのためいっそ金ブロックで家を建ててやれば、小さい部屋であっても簡単に豪華さ「4」を稼げ、全好みの条件を容易に満たすことができるだろう。