【アーマー】

Last-modified: 2018-04-03 (火) 09:25:01

概要

DQ4およびDQ5に登場する【NPC】のグラフィックの1つ。
他の【戦士】や兵士のグラフィックとは異なり、顔が完全に隠れた【さまようよろい】のような見た目をしている。
主にイベントで戦う敵モンスターのフィールドグラフィックとして使われることが多いが、普通に会話できるキャラクターとしても登場する場合がある。
「アーマー」の名称は、【移民システム】でのカテゴリ名で初めて登場した。

DQ4

本作が初登場。
FC版では、ピンク色の鎧を身につけたグラフィックになっている。
最初に登場するのは、【エンドール】【コロシアム】の選手控室にいるキャラ。
その後、【武術大会】の4戦目に戦う【サイモン】のグラフィックとしても登場するが、同一人物かどうかは不明。
その他には、【ピサロナイト】や、【デスパレス】【ライノソルジャー】【エスターク神殿】【ライノスキング】などの敵モンスターのグラフィックに使用されている。
また、【スタンシアラ】の宮殿の西側の茂みにも、1人うろついている。
デスパレスのモンスターにも使用されているためか、このグラフィックのキャラは【へんげのつえ】で魔物や動物になった状態でも普通に会話できる特徴がある。
逆に、変化の杖でこのグラフィックになると、魔物扱いになり、住民から恐れられる。

リメイク版

上記のように、特殊移民のカテゴリの1つとしても登場している。
該当者は【ガンツ】【ニャニャ】【フランソワ】の3人。
サイモンは登場時のグラフィックはアーマーだが、移民のカテゴリは「戦士」になっている。

DQ5

鎧のカラーが「さまようよろい」と同じ青色に変わった。
最初に登場するのは、【ラインハット】【ニセたいこう】に雇われた傭兵。兵士の詰所と部屋の門番の2箇所にいる。
他に、主人公がグランバニア王になるまでの期間、グランバニアの酒場にも滞在しているが、コイツは大臣の配下ではなくむしろ大臣を不信に思っている。
このグラフィックの登場によって、さまようよろいが仲間になることを期待したプレイヤーは多いが、実際にはかなわなかった。
イベント戦があるわけでもないのに、わざわざ専用グラフィックが用意されているあたり、開発段階では仲間になる予定だったのかもしれない。

リメイク版

はれて【さまようよろい】が仲間になるようになり、そのままこのグラフィックが採用されている。グランバニアの奴は全身鎧の兵士に置き換えられている。