Top > 【エビルホーク】


【エビルホーク】

Last-modified: 2019-09-16 (月) 08:26:31

概要 Edit

主に終盤に登場する三つ目の鳥魔人型モンスター。
色違いとして、下位種に【サイレス】【イビルビースト】、上位種に【ダークジャミラ】【ゲルバトロス】が、ボスに【ジャミラス】【妖魔ゲモン】【モーリアス王】がいる。
全体的に黄緑がかった色をしており、同型と同じく立ち上がったグリフォンといった風貌。

DQ6 Edit

【狭間の世界】に出現。身体が大きいため最大2匹までしか出られず、出現場所も【湖の穴】周辺と分かりにくく、しかも狭間の世界で攻撃手段が【バギマ】というなんとも不遇なモンスター。
一応【バシルーラ】も使うが、フィールドにしか出ず、【欲望の町】には【ルイーダの酒場】もあるためあまり意味はない。
あまりの微妙さから、四魔王比較において【ジャミラス】を貶すネタとしてしばしば使われたりもしていた。
【メラゾーマ】【ギガデイン】【輝く息】が弱点。
レアな【風神の盾】を落とすため狩られることもあるが、確率は【メタルキングヘルム】などと同じ1/256。【盗賊】4人で頑張ろう。

DQ8 Edit

【隔絶された台地】全域や【翼を持つ者の場所】【風鳴りの山】以外)で見かける。
隔絶された台地の平地や、翼を持つ者の場所の汎用エリアパターンでは昼間しか出現しない。
また、翼を持つ者の場所では終盤以降は出現率が大きく落ちることになる。
 
初めて出遭う時点で3匹、終盤では5匹程度で出られるようになったほか、呪文がスクルトに変更。
加えて激しい炎による全体攻撃ができるようになったため、一気に存在感を増す。もっとも6とは共通点もほぼなくなっているが。
なお、時折一緒に出現したスライムにスクルトをかけるなどの無駄な抵抗をする場面も見られる。
ザキ系が意外と効きやすいので、集団で現れたらザラキで一掃を狙うのもアリ。
 
落とすアイテムは通常枠が【キメラのつばさ】(1/8)、レア枠が【辛口チーズ】(1/64)。
クリア後に出現するスカモン【ホークル】もおり、使い勝手はかなり良い。

3DS版 Edit

レア枠のドロップ品が【くじゃくのおうぎ】(確率は同じ)に変更された。

DQ10 Edit

サイレスに下剋上されて最下位種になったため、中盤に登場。
レアドロップの【破幻のリング】目当てに狩られることもある。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【壁画世界】や外海北部に出現。戦闘では、するどいツメでの【強化攻撃】【かえんのいき】【マジックバリア】を使用する。ドロップアイテムは、【かぜきりのはね】とレアが【するどい爪】。豆知識は10の2ページ目のほぼコピペ。

強ver Edit

世界に異変が起きた後の外海(世界地図の最上部右のほう)に出現。3DS版では【名もなき地】【北海の孤島】南)にも出現する。
【はげしいほのお】を吐いてくる。ドロップアイテムに変化は無い。
【ネルセンの迷宮】のものは【しゃくねつ】にパワーアップしている。

DQMJ3 Edit

魔獣系Cランクとして登場。10と同じく、サイレスの下位種。ライドタイプは空中。
こいつに【くろカビこぞう】を配合すればサイレスができる。
特性は【ノーマルボディ】【ジャミングブレイク】【爆発系のコツ】
+25で【いきなりバイキルト】、+50で【AI2~3回行動】、+100で【ヒートアップ】
メガボディ化で【ギロギロ】、ギガボディ化で【会心出やすい】、超ギガボディ化で【すばやさギャンブル】を習得。
スキルは【炎の息吹+】

DQMJ3P Edit

【ギズモ】と置き換わる形で、野生の個体が晴天時の【歓楽の霊道】で出現するようになった。
空中ライドでしか行けない離れ小島に生息しており、【バギクロス】【スクルト】【はげしい炎】を使う。
くろカビこぞうもましょうぐもも野生で登場するのは変わらないので、現地調達品だけでジャミラス様を作ることができる。
合体特技は【闘魔爆炎斬】、合体特性は【絶望のオーラ】

DQH2 Edit

【伝承の塔】及び闇の荒野に出現。下位種のサイレス同様空中での戦いを得意としている。
やはりある程度ダメージを与えると地上戦をするようになるがバギマを使うなど侮れないので油断は禁物。
伝承の塔では広い落とし穴があるエリアに平然とガーゴイルやスターキメラ等と現れ戦いにくい。空の上に誘い込み凍結状態にして落としてしまうのも手である。
 
【モンスターコイン】はサポートタイプ。炎のブレスやバギ系呪文で援護してくれる。