【カンダタおやぶん】

Last-modified: 2019-08-28 (水) 06:57:46

概要

DQMJ2で初登場モンスター。
名前通り【カンダタ】の亜種。目つきが鋭く、頭の上に王冠を被り、【キングアックス】を装備している等見た目の違いは歴然。

それにしても、カンダタ自身は盗賊の親分ではなかったのか?
本編作品では、大抵カンダタ=親分という扱いだったのだが…
実はカンダタも雇われの身だった、とでも言うのだろうか。
DQ6~7の【盗賊】職の称号には「おおおやぶん(大親分)」というものがあることから、そういうポジションということか?
ちなみにスーパーライトにおいては、「親分を自称しているだけ」「盗賊団内に親分だと認めていない者もいる」とのこと。

DQMJ2

謎の盗賊団の親分。
魔界クリア後にすれ違い通信をしていると現れる事がある。遭遇時の画面ではシルエットでしか見えない。

攻撃力がかなり高くAI1~2回攻撃で、毎ターンのようにテンションを一気に2段階上げてから攻撃するのでダメージも大きい。
HPも7700弱と膨大で、さみだれ斬りで全体攻撃をする事もあるなど、まともに戦うとかなり危険な相手。
だが混乱がよく効くので、メダパーニャでかく乱しベタン系でHPを削りつつ攻撃するのが有効。
ぬすっと斬りをすると貴重な【大魔神の斧】が盗める事があるので試してみよう。
 
ゲストマークが付くが、スカウトすれば仲間にする事も可能。
ただしレベルはデフォルトで上限に達しているので、すぐに配合する必要がある。
ダークドレアム同様悪魔系のSSクラスに属する。
にもかかわらず、HPと素早さ以外の能力の上限は何故かカンダタを下回ってしまう。親分の威厳はどこへやら…。
それでも素の能力は高く、MP以外はそこそこ高くなるので頼りになる存在ではあるが。
所持スキルは【たたり】

テリワン3D

こちらでもすれ違いで乱入してくることがある。
タマゴから生まれることもあるが、ワイフと違ってスキルがショボい上、にじのタマゴからはわたぼうやワルぼうが生まれる可能性があるためこいつがきたら【バリクナジャ】よろしく「あああ~ なぜだあ~!」となること必至。理論上は同じ確率だから余計にガックリ来る。同じことがハーゴンとバラモスとムドーにも言える。

特性は【スタンダードボディ】【プレッシャー】、AI1~2回行動、+25で【ぼやき】、+50でドルマ系のコツ。
性別は基本♂固定。スキルは変わらず。
配合面では【カンダタワイフ】の代わりとして使え、子分以外の他のカンダタ一味で4体配合すれば、関係なさそうな【デスピサロ】が生み出せる他、【スライムマデュラ】との配合で【ガルマッゾ】が、【アクバー】との配合で【ドーク】が生み出せる。

イルルカ

相変わらずすれ違いで乱入してくる。今回は【カメハ】が連れてくる。
特性はぼやきの代わりに一発逆転になった。
また、【新生配合】でドルマブレイク、【メガボディ】化でカウンター、【ギガボディ】化で会心でやすいを習得する。
配合先は【ドーク】が作れなくなった点を除けば同じ。
 
ちなみにライブラリによると、「彼が最も愛するお宝は【カンダタワイフ】の手料理」らしい。
意外と愛妻家だった。

DQMSL

【???系】SSランクの討伐モンスター。
特別クエスト「盗賊団の秘密基地」にてボスとして登場する。
リーダー特性は「全系統の攻撃力15%アップ」。
特性は3回まで発動する【くじけぬ心】系特性の「とうこん」、【いきなりちからため】
習得特技は敵全体にダメージ+行動停止の追加効果のある体技「ショックウェーブ」、???系以外の敵に2倍のダメージを与える全体攻撃斬撃「むほう斬り」。