【カンダタこぶん(DQ5)】

Last-modified: 2020-10-17 (土) 23:58:36

概要

DQ5に登場するキャラクター兼【ボス級モンスター】親分と同じパンツマスクとなったタイプのカンダタこぶん。倒すと捨て台詞を吐いて逃走する。
肌の色が若干緑色で、衣装の色は赤。カンダタの子分なので一応【人間】なのだろうが...
この姿をしたタイプは、現在のところDQ5にしか登場していない。
 
なお、DQ3とDQ10、ヤンガス、DQHシリーズに登場する金色の鎧のタイプは【カンダタこぶん】
ジョーカー2に登場するカンダタ子分は【カンダタこぶん(DQMJ2)】をそれぞれ参照。

DQ5

青年期後半の【ラインハット】城と【山奥の村】に加え、魔界の【ジャハンナ】の3つの町に1人ずつおり、それぞれ宝箱を護っている。
人間界に居る奴はともかく、ジャハンナに居る奴はどうやって行ったのだろうか?
 
町村に入ると自動的に主人公→人間キャラの順番に先頭が入れ替わるため、青年時代後半に加入直後のレベルの低い双子や人間キャラを連れていると多少苦戦するかもしれない。
リメイク版ではジャハンナでは順番入れ替えが発生しなくなった。
 
話しかけると戦闘に突入する。
無視して宝箱を調べた場合も戦闘になる。抜け目のない奴である。
戦闘後にも話しかけられるが、その場合【その方向には ダレモイナイ。】というセリフが出る。
 
戦闘では通常攻撃に加え、【ラリホー】を唱えてくる。
しかし【マホトーン】が確実に効くので、黙らせてしまえば特にこれといった長所はない。
HPは500と高めだが、攻撃呪文への耐性も低く、【メダパニ】も効くので倒すのは難しくないだろう。
ただし混乱させると逃げてしまうことがあるので、アイテムドロップを狙うなら注意したい。
 
なお、SFC版では、何故かカンダタよりもほぼ全ての能力が高くなっている。カンダタよりも後に登場する上に、出会うのは石化後であるため8年は経過している。親分の敗走を聞いて8年間修行でもして鎧に頼るまでもない程の力をつけたのだろう。
親分の方が子分より弱いのは流石におかしいとスタッフが考えたのか、リメイク版ではカンダタの能力が大幅に上昇。親分の威厳は保てたようだ。
しかし、それだと8年間こいつらは何をしてたのだろうか、という疑問が湧いてしまうが、リメイク版の親分は魔王すら越える痛恨の一撃の持ち主である。修行をしても簡単には追い付けないのだろう。
また、リメイクではモンスターの食べ物に食らいつくようになった。おいおい…。
 
それぞれ護っている宝箱の中身は、ラインハット城は【まじんのよろい】、山奥の村は【シルクのビスチェ】
ジャハンナは【ときのすな】(リメイク版は【ストロスのつえ】)。
セリフではいずれも盗んだ宝ということになっており、同じ町の中に元の持ち主と思われる人物がいたりするが、本人に返すことはできず、主人公たちのものとなってしまう。
そもそもジャハンナの奴はどこから盗んだものか見当も付かない。
加えて、倒すと高確率でちいさなメダルを落とす。
3人ともセーブ可能な場所に居るため、落とさなかった場合にリセット→再戦がしやすいのもありがたい。