【カーメン】

Last-modified: 2018-11-19 (月) 22:07:37

ロトの紋章

ロトの紋章に登場する、勇者【アルス】の生まれ故郷。
国王は【カーメン4世】、王妃は【ローザ】【タルキン】はこの国の元大神官。
今でこそ人が住んでいるものの、100年前までは【バラモスの城】と呼ばれていた魔物の巣窟であった。
未だにその名残が残っており、城の奥深くへ行くと禍々しい巨大な扉と、かつての【バラモス】 の玉座がある。
戦士たちはカーメン流剣術を用いて戦っている。
 
DQ3のバラモス城は四方を岩山に囲まれており、不死鳥ラーミアを復活させて空を飛べるまで到達不能な場所だった。が、本作ではスルーされた設定で、みんなホイホイ徒歩で足を踏み入れている。
おそらくは百年の間に長い歳月をかけて人が行き来出来るレベルまでに道が整備されたのだと思われる。
ただし、ローラン城(竜の女王の城)も同様に空を飛べないと行けない場所だったが、こちらの設定はDQ3のままで、アルス達はココに攻め込む際に予め不死鳥ラーミアに代わる【翼】を用意して岩山を突破している
 
生まれて間もなく【イシス】へと逃げ延びたアルスは自身が生まれた地を踏んだことがなく、
いざ訪れてみたところ、そこには当時の栄華はなく、元カーメン騎士団長【ボルゴイ】と、
死んでなお戦い続けるカーメン兵が時折現れる魔物を撃退しているだけの閑散とした城であった。
 
アルス一行が身を休めている中、城内に【冥王ゴルゴナ】が侵入。
冥界の王の力で、かつて地上を恐怖に陥れた魔王バラモスを蘇生させ、アルス一行にけしかける。
 
バラモス討伐後、城に残ったボルゴイが世界中から義勇兵を募り、
主君こそ不在であるものの無事復興を果たした。