Top > 【ガイアーラのよろい】
HTML convert time to 0.003 sec.


【ガイアーラのよろい】

Last-modified: 2018-03-07 (水) 21:10:33

DQ7 Edit

【オチェアーノの剣】【トルナードのたて】【フエーゴのかぶと】と並び立つ、DQ7の伝説の鎧。由来は恐らくギリシャ神話の大地の女神ガイアだろう。
【主人公(DQ7)】【メルビン】が装備可能であり、意外にもこれまでさんざん重装備してきた【アイラ】が装備できない。
まぁ彼女には【王家のよろい】があるからいいんだろう。
【ガイアのよろい】との関連性は不明。
【ガイバーラ】とも多分関係は無いだろう。
 
ラストダンジョンの一部である【死地の洞窟】に落ちており、守備力は作中最強の125、かっこよさも55と申し分ない。
また、歩行中体力が回復する伝説の鎧おなじみの機能も付いている。
 
メラ・ギラ・イオ・炎のダメージを30軽減と耐性も高く、吹雪に強いトルナードの盾と一緒に装備すればバランスよく耐性が持てる。
…のだが、単品で上記に加え吹雪にも耐性があり、しかも軽減値が40の【ドラゴンローブ】と比べるとどうしても見劣りする。伝説の鎧…
ドラゴンローブとの守備力の差は30。大きいように見えて実際に受けるダメージは7か8増える程度でしか無い。しかも市販品。
主人公もメルビンもドラゴンローブが装備可能なので、残念ながらガイアーラの鎧は袋の肥やしになってしまうだろう。
アイラ専用の王家の鎧に比べ守備力・耐性共に上回るので、ドラゴンローブ装備不可の彼女が着れたら万々歳なのだが…。
歩行中のHP回復効果を考えると、活用するなら道中がよいだろうか。
 
因みに、これら7の伝説の武具は冒頭イベントで聖者像に装備させる武具と対応している。
大地の聖者に【聖者のよろい】【だいちのせいれい】からガイアーラの鎧
風の聖者に【聖者のたて】【かぜのせいれい】からトルナードの盾
炎の聖者に【聖者のかぶと】【ほのおのせいれい】からフエーゴの兜
水の聖者に【聖者のつるぎ】【みずのせいれい】からオチェアーノの剣
 
一見ポッと出に見える7の伝説の武具にも、一応出自がある事は頭の片隅にでも留めておいて損は無いだろう。
冒頭イベントからラスダンまでのプレイ時間が長すぎるために、気にとめている人はほとんどいないようだが…。
あとは【山奥の販売所】で「【四精霊】が作ったと言われる伝説の武具を探している」という戦士がいるがあまりにも地味である。
 
小説版では、ハードカバー版では一切出番がなく、新書版で追加された装備であることは他の伝説防具と同じ。
原作とは異なり、大地のアミュレットの力がアルスが装備していた【ギガントアーマー】に宿って変化した装備である。

3DS版 Edit

作中最強の守備力は変わらず、立ち位置も変わらず。
あろうことか、王家の鎧から耐性が消えてしまった為、アイラがこの鎧を装備出来ないのがかなり痛くなってしまった。
せめてアイラが装備出来れば、日の目を見ることが出来たのだが。