【ガマキャノン】

Last-modified: 2020-01-06 (月) 17:04:31

概要 Edit

巨大なガマガエルのモンスターで、名前の通り両肩にそれぞれ2門ずつ砲台が生えている。物質系でもマシン系でもなく水系。
鉄製の砲台ではなく、皮膚から盛り上がっている部分が砲台となっている。
名前、両肩に大砲というスタイルを見るかぎり、どうみてもガンダムに登場するガンキャノンのオマージュである。全体のフォルムはどちらかというとガンタンクが近いが。色違いに【デザートタンク】【キャノンキング】がいる。

DQ9 Edit

【海辺の洞くつ】の内部に出てくる。まず、そのシンボルの規格外のサイズにビビることだろう。狭い通路が多いこの場所では、道を塞ぐように出てくるやつもいるので、鎮座されると非常に困る。
その後ベレンの岸辺の海岸付近、および西ベクセリア地方の小島で、お供限定で出現する。
通常攻撃は両肩からの砲撃で、口からは【スカッドミサイル】を発射する。キャノンじゃないじゃん…。
他には【ねんまく弾】を発射して全員のすばやさを下げてきたりもする。
氷属性に弱いので、覚えたてのヒャダルコが有効。マヒや猛毒以外の状態異常にも弱い。
【ガマのあぶら】【どくどくヘドロ】を落とす。また、沼地の火薬庫の異名を持つ。
 
討伐モンスターリストの2ページ目によると、山のような口の形が縁起がいいと、お正月にはあちこちで旅人におがまれているらしい。
どうやらDQ9の世界にもお正月を祝う文化があるようだ。年越し蕎麦餅つきもあったりするし。

DQMJ2P Edit

メガボディで登場、ガマだけに密林の沼地に陣取っている。HPが820と高くかなり強い上、スカウトも難しい。序盤ではまず勝てないので、見かけても挑まない方が無難だろう。
【じんめんガエル】×【ポムポムボム】の配合で作ることができる。仲間にするならこの方が圧倒的に楽。
特性はメガボディ1~2回、れんぞく(4回)、呪文会心出やすい。スキルは「イオ&バギ」。

テリワン3D Edit

レア枠としてちからの扉に出現するほか、タマゴから生まれることもある。
特性は【メガボディ】【AI1~2回行動】【れんぞく】【呪文会心出やすい】、+25で【ビリビリボディ】、+50で【いきなりリバース】
じんめんガエルとポムポムボムの配合でできるのは変わらず。こいつ2体で配合すると【ギガミュータント】ができる。

イルルカ Edit

野生では出現しないが、配合方法は前作までと変わらない。
+50以上で【いきなりリバース】が解放される為、【新生配合】の相手として重宝された。
何せこの特性を【メガボディ】化、【ギガボディ】化無しに覚えるのは、コイツただ一匹なのである。
【新生配合】【マヒブレイク】【ギガボディ】化で【マヒ攻撃】を習得。

DQMJ3・DQMJ3P Edit

Dランクのままだが、【ギガボディ】に変更された上何故か【ドラゴン系】に変わった。
せめて【物質系】にすればよかったのに。
爬虫類ですらないコイツのどこにドラゴンの要素が…。前作までの【セルゲイナス】以上に謎である。
【歓楽の霊道】で毒の泉に水中ライドしたところに生息しているがLV50と高く、一部を除く水中ライドではこいつにたどり着くまでに毒によるダメージを受けてしまう。
仮に戦ったとしても、【ザバトローム】で250オーバーのダメージを与えてくる上に、【プロメテウス】以上の体力を持つため、水中ライド解禁後にすぐに戦うと間違いなく一瞬で全滅する。
ちなみに今回は普通に位階配合で生まれるため、無印版なら無理にスカウトするより配合で作った方がいい。
プロ版なら合体ガルバゴルバで簡単に捕獲できる。
 
固定特性は【こうどう おそい】。残りは【呪文会心出やすい】【ギガキラー】【マヒ攻撃】
プラス値が25で【ビリビリボディ】・50で【一族のほこり】・超生配合で【マヒブレイク】を習得する。
さらに超ギガボディ化すると【ときどきスキップ】を習得する。
初期スキルは【爆発の使い手】
 
プロ版における合体特技は【ベホマ】、合体特性は【ときどき星のきせき】
 
ドロップアイテムは通常が【小さなうろこ】でレアが【大きなうろこ】
カエルに限らず両生類には鱗はないはずだが......。こいつら本当にカエルなのだろうか。