【キラーシックル】

Last-modified: 2022-01-28 (金) 22:04:17

概要

DQM2で初登場したモンスター。
死神のような黒いローブを着た緑のカマキリの魔物。
DQ7の【さそりかまきり】といい、こいつや【カマキリせんし】といい、カマキリのモンスターはこの時期に集中して登場した(色違いを省くと数は多くない)。
そして、【キラーマンティス】と名前や体色が似通っており紛らわしい。見た目は全く似てないが。

DQM2、DQM1(PS版)

カマキリなので当然虫系。
カマキリせんし×スライム系、ぐんたいアリ×せみもぐらなどの組み合わせで作ることが出来る。
イル編のみ【天空の世界】のフィールドに出現する。
習得する特技は【バギ】【あくまぎり】【しっぷうづき】
怪しげな姿とは裏腹に、ステータスはいずれも最低ランクで、すべてのステータスの上昇幅が500に届かない。成長は早いが、こだわりがなければ育てがいがない。
魔法があまり得意でない魔法使いという言葉がこのモンスターの特徴を見事に表している。
【悪魔系】と配合するとカマキリせんしになる。PS版ではコイツ二体でカマキリせんしになり、コイツと悪魔系との配合では生まれなくなっている。

イルルカ

久々の登場。自然系のCランク。
天空の世界で多数生息。一部の個体は木の上から襲ってきたりする。
通常の個体はこちらが強いと逃げるのだが、木の上から襲ってくる個体はこちらの強さに関わらず襲い掛かってくる上、後ろから近付くと背後を取られないように回り込んでくる。
死神のような姿をしているためかザキ攻撃を持っており、通常攻撃を喰らって紫のエフェクトが出ていきなり死んで何があったんだ!?と思ったプレイヤーは多いだろう。スモールボディじゃないので先制されないのがせめてもの救い。
また、フントの町周辺の個体は時々【ロック鳥】に連れ去られることがあり、ロック鳥の巣にちょこんと置かれていたりもする(この個体は連れ去られている時と同じモーションをしている)。やっぱり食べられるんだろうか。
 
特性は【スタンダードボディ】【れんぞく】【ザキ攻撃】、+25で【バギ系のコツ】、+50で【ザキブレイク】
更に【新生配合】【根に持つタイプ】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【いきなり黒い霧】を習得する。
スキルは「アサシン」。

イルルカSP

【アラウネ】と入れ替わる形でシンボルが出現しなくなり(ロック鳥の巣に置かれている個体のみ残されている)、他のモンスターのお供限定になった。