【キラーマシンライト】

Last-modified: 2019-09-21 (土) 02:10:01

概要

初出はスマホアプリのドラゴンクエストモンスターズスーパーライト。
【キラーマシン】の兄弟機で、量産化のためのコストカットと軽量化のために装甲を薄くしたらしく、
そのためのキラーマシンと比べると攻撃力や防御力は劣るが、その分スピードで勝るとされる。
接合部がライトグリーンであるなど、全体的に明るい色合いのボディが特徴。
名前の「ライト」は軽量という意味のほか、「スーパーライト」からも取っているのだろう。

ちなみに、スーパーライトでは強化版の「Sキラーマシンライト」「スチームキラーマシン」も登場している、
詳細は【スーパーキラーマシン】の項目参照。
 

DQMSL

概要通り初出。【物質系】Aランク。
リーダー特性は「全系統斬撃技ダメージ+8%」。
他にAI1~2回行動の特性を持つ。
初期のログインボーナスで貰える他、無料のサポートポイントガチャでたまに手に入る。
【いなずま斬り】と、【ひょうけつ斬り】を習得する。
ライトだからかよく見ると他のこの系統より、剣の大きさが少し小さい。

DQMJ3

物質系Dランクのモンスターとして登場。
【メタルハンター】同士の配合で生まれるため、配合解禁直後に即座に作れる。
ノーマルボディで、固定特性は帯電体質。
 
初心者の手助けという意味合いが強かったスーパーライトとは異なりAI1~2回行動ではなく、
初期からAI2回行動を持ち、能力値に関しても他のモンスターと同等にあるので安心しよう。
+25で風系のコツ、+50で休みブレイク、+100で暴走機関が解放される。
また、メガボディにすることで風ブレイク、ギガボディで会心でやすい、超ギガボディでライトメタルボディを習得する。
これらの特性はキラーマシンと共通で、耐性も同じ。スキルも【キラーマシン(スキル)】で同じ。
 
非常に早い段階で加入するAI2回行動の物理アタッカーとして重宝するほか、キラーマシンライト同士を配合するとキラーマシンが生まれる。
位階配合で一気にBランク以上のモンスターを作るチャンスになる。
こいつ自身もそれなりの性能を持つため、キラーマシンにせずとも序盤なら十分な戦力になる。
…というより高ランクに行くほど晩成になるため、序盤は下手にキラーマシンにしない方が戦力になりやすい。
 
対戦では、素早さ上限値が(特性の影響がない状態で)1450と全モンスターの中で2番目に高く、
休み耐性が(特性の影響がない状態で)半減であるため超こうどうはやいを付けても補いやすく、
さらに固定特性がコスト0の帯電体質であることからカスタマイズしやすいと非常に扱いやすい。
先手を取って状態異常や【遊び人のマイム】【テンションシフト】のコンボを使うなど、補助役としてよく使われる。