Top > 【グランバニア王】


【グランバニア王】

Last-modified: 2018-02-19 (月) 14:57:29

DQ5 Edit

DQ5における登場人物、または【主人公】の肩書き。

登場人物 Edit

【グランバニア】【国王】
該当するのは【パパス】【オジロン】、主人公の3人。
 
パパスはグランバニア王であったが妻【マーサ】が攫われたのを切っ掛けに旅に出たため、
パパスの弟であり主人公から見て叔父であるオジロンがその後を継ぐ。
 
その後20年近く経って主人公がグランバニアへと帰り着いた時に王位は譲られ、
主人公がグランバニア王へと即位する。

ほんのわずかだが、パパスの先代についても触れられている

肩書き Edit

主人公の肩書きのひとつ。
【試練の洞窟】にある【おうけのあかし】を取り、オジロンに見せるとこの肩書きになる。
なお、青年時代後半に【テルパドール】自分の息子【てんくうのかぶと】が与えられるイベントを達成すると、「【勇者の父親】」に変わる。
 
石化している間もずっとグランバニア王であるはずなので、
作中における時間で言えば恐らく【しんでんのドレイ】(10年間)についで長いと思われる。
しかしゲーム的には石化している期間はダイジェスト的にかいつまんで紹介されるのみですぐ終わるので、
進め方によってはすぐに次の肩書きに変わってしまう事も。
プレイヤーがステータス画面で肩書きを確認できる部分に限って言えば、
グランバニア王即位の宴会の間と【デモンズタワー】攻略、テルパドールに足を運ぶ間だけという短期間もあり得る。
ただし、天空の兜は取らなくてもクリアは可能なので、その場合は主人公の最終的な肩書となる。
 
主人公の父親であるパパスも本来ならこの肩書きを持つのだろうが、
作中ではパパスが存命中に主人公に対してグランバニア王である事を明かす事は無いため、
作中でパパスがこの肩書きになる事は無い。
また、【パパスのてがみ】の文中にも、このことが語られることはない。
パパスの中では、自身が城を出奔した時点で王族であることを捨て、
息子にもグランバニアの王族であるというしがらみを負わせたくなかったのかもしれない。