【ゴッポル】

Last-modified: 2021-09-22 (水) 01:13:03

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するキャラクター。
旧アニメでの声優は龍田直樹(【ザボエラ】と兼役)、新アニメは水内清光。
余談だが、新アニメの「声の出演」では、彼の名の下に「【ゼシン】?」「【タラタ】」という原作でも旧アニメでも登場しなかった名前(いずれも声優は男性)が記された。
ゴッポルに「ドラゴンキラー買ったんだろ!そいつでなんとかおっぱらえよ!」とか言ったり、後述の女性をゴッポルらと共に助けようとさせられた、取り巻きの2人の戦士風の男たちがそうであると考えられるが、タラタ(CV:越後屋コースケ)はその内紅色の衣服に青い胸当てと青い一本角の兜の男である。
ゼシン(CV:拝真之介)の方ははっきりしていないが、恐らく黄緑色の前掛けと三本角の兜のチョビ髭の男であると思われる。
いずれも原作・旧アニメ共に同じく登場したが、名前の設定は無かった。
名もなきモブはいくらでもいる中、なぜ新アニメ化にあたって彼らだけ新しく名付けられたのかは全く不明である。
 
【ベンガーナ】のデパートで【レオナ】【ドラゴンキラー】の競り合いをした商人。コテコテの関西弁を話す。
最終的には、レオナに競り勝ちドラゴンキラーを18000Gで買っている。
 
だが、その直後にベンガーナで【ヒドラ】が襲来。
買ったばかりのドラゴンキラーで戦えと無茶ぶりされ、それを拒否している。
本人はあくまで財テクのために買った商人なので戦えないのは仕方がないのだが、武器を無くしたことで窮地に陥った【ダイ】を見ても決して貸そうとはしなかった。
戦いが激化して、【ポップ】が仕留め損じた【ドラゴン】まで登場した時に、買ったばかりのドラゴンキラーを手放して逃走。
結果的にダイがそのドラゴンキラーを拾い、ヒドラを倒すことができた。
 
ヒドラを倒した段階では問題なかったが、直後に現れた【キルバーン】にダイに投げつけられた結果、買ったばかりのドラゴンキラーはキルバーンのマグマの血によって跡形もなく融解されてしまう。
命は助かったものの、18000Gをなくす結果となってしまった。
 
【メルル】が岩に挟まれた女性を助けている時、【ナバラ】に叱責されるまで行かなかったり、ヒドラに素手で応戦し苦戦するダイにドラゴンキラーを貸すまいと怒鳴り散らしたり、ヒドラを倒し助けてくれたダイの戦いぶりに恐怖したりと、バラン編のテーマの一つである、人間の身勝手さを代表した様なキャラクターになっている。