Top > 【ザッザッザッ】


【ザッザッザッ】

Last-modified: 2017-05-07 (日) 16:42:00

概要 Edit

全シリーズで使われている効果音。
フィールドと町・ダンジョン等のマップ切替や建物への出入り、階段の昇降などの際に聞こえるアレ。
「ザッ」の部分は4つ鳴るので正しくは「ザッザッザッザッ」である。
画面の切り替えが行われる場面では殆ど流れると言っていい。
『ファミコン通信』1988年5号の対談記事によると、この効果音はFC作品のプログラム担当だった【中村光一】のアイデアによるものであり、【堀井雄二】の指示ではなく自分のひらめきで入れたという。
 
DQ以外のゲームでも当たり前のように使われているほど知名度は高く、『RPGツクール』のような制作ツールでも、階段昇降音として類似の効果音が使用されるほどである。

DQ1~DQ7、DQ9 Edit

流れる場面は概要の通りだが、FC版(MSX系列含む)のDQ1ではこれに加えて「イベント戦闘時の逃亡音」に使用。
当時は竜王戦含む全てのイベント戦闘でも逃亡できたのだが、竜王戦以外では倒さずに目的地に進まれないようにか1マス戻される処理がある。
この際に画面の暗転およびこの効果音が発生する。(通常戦の逃亡ではこの効果音は鳴らない)
FC版、GB版の作品ではこの音とBGMの重なり具合によっては一部の音が途切れたりする。
またMSX2・MSX版のDQ1ではハードの性能上から「プップップップッ」という低音のビープ音になっている。
 
一部の作品では【リレミト】を唱えたときにも使われる。

DQ8 Edit

ドアを開けて画面を切り替えるときはこの音が鳴らない。
代わりに、ドアの「ガチャッ」、「ギィー」っといったSEが鳴るようになった。
 
他の場面では普通に流れるのだが、過去の作品とは演出が異なっている。
今までの作品では、

  • 町や階段に近づく→キャラクターの動きが止まる→ザッザッザッザッ

というような流れが一般的だったが、DQ8では、

  • 町や階段に近づく→キャラクターが自動的に走り出す→ザッザッザッザッ

という感じになっている。
ゆっくり歩いて階段に近づいても【しのびばしり】状態で町に近づいても、勝手に走りだしてザッザッザッザッとなる。
つまり、DQ8でこの音が鳴る時は、主人公らは必ず走っているのである。
 
前述の通り、ドアを開ける場面では流れなかったことから、DQ8のスタッフはこの音を「走る時の足音」と位置付けていた感がある。
昔から存在するこの音を違和感無く3Dに持ち込むことに成功したと言っていいだろう。
例外として、【井戸】に出入りするときには走っていないにもかかわらずザッザッザッザッと鳴る。