Top > 【シャークアイ】


【シャークアイ】

Last-modified: 2019-07-04 (木) 02:23:36

DQ7 Edit

海賊【マール・デ・ドラゴーン】の総領。妻に【アニエス】がいる。
【みずのせいれい】の加護を受けた人物で、【水竜の剣】の元の持ち主。
英語版での表記はSharkeye(3DS版でも変更なし)。
 
黒い長髪でまだまだ若者と呼べる年齢。
人柄も総領にふさわしく、【ボルカノ】も尊敬するほどの人物(そしてシャークアイもまたボルカノを尊敬している)。
コスタールの傭兵海軍としてマール・デ・ドラゴーンを率いて活躍した、最強と呼ばれていた【海賊】
海賊であるにも関わらず、弱いものには手を出さず、海の魔物たちを倒し、世界中の海を渡っていた。
 
【コスタール王】の親友でもあり、契約して海軍の長になったが、海の魔物を倒し続けたことでコスタールの国自体が闇の世界から危険視され、【オルゴ・デミーラ】の標的になってしまう。
コスタールに危害が及ばないように海上で魔物達と一大決戦するも、海賊船ごと呪いをかけられて氷漬けにされてしまう
だが主人公達が過去のオルゴ・デミーラを倒したことで、何百年もの時を越えて現代で封印が解ける。
 
本来は【主人公(DQ7)】の父親となるはずの人物だったが、水の精霊が彼を封印の危機から遠ざけるため、時代を越えてアニエスから【マーレ】のお腹に移し代えた。したがって彼は実父でありながら義父のような立ち位置でもあるわけだ。
これらはシャークアイも気づいているようで、エンディングで次期総領にならないか?と聞いてくる。
とはいえ主人公を実際に産み落としたのはマーレということもあってか親子関係が明言されることはなく、助けてもらった恩の方が強いためか、主人公の事は終始「殿」付けである。
エンディングでは彼を人魚になってまで待ち続けたアニエスと再会している。
 
大層な猫好きらしく、船員にも知れ渡っている。マール・デ・ドラゴーン内にもたくさんの猫が暮らしている。
特に可愛がっていた【ミント】は、アニエスのお守りにとコスタールに残された。
 
小説版では個人戦闘も披露しており、【バスタードソード】をふるって【グランエスタード】に攻め寄せた魔物の軍団のボスである【ジェネラルダンテ】をあっさり倒している。やはり【主人公の父親】だけあって強いようだ。
また、四精霊の力を借りに行く際には一時的ながら【エンゴウ】に主人公と二人旅をしている。