【ジローム】

Last-modified: 2020-08-05 (水) 00:49:49

DQB2

ムーンブルク編で登場する男性NPC。
ムーンブルクの【兵士】で50年も【ハーゴン教団】と戦っている歴戦の老兵。しかし信者であり長年の経験からも戦いに勝てるとも勝とうとも思っておらず、戦争は宿命だと思っている。
【主人公(DQB2)】より少し年上の孫が居たらしいが、長引くハーゴン教団との戦いの中で命を落としており現在は身寄りは居ない。
【ホッホ】とは幼馴染であり、良き友・ライバルでもあり、本人の口からは言及がないものの、若い頃はホッホと共に大冒険を繰り広げた事もあるらしい。
 
ムーンブルク島に居る時は「戦闘とはすなわち食料の確保なのだ!」と言い、食事に関するクエストを出してくることが多い。
主人公に対して味方の内で疑心暗鬼が広がっていく事の恐ろしさを説くなど、凄惨な戦いをその目で見てきた老兵らしい慎重な発言が多いが、ハーゴン教団の教えを捨てビルダー教に鞍替えしたあたりから徐々にはっちゃけた発言が増えていく。
 
【アトラス】を倒した後、争いがない朝が美しいことに感動し、ハーゴン教団からの防衛を必須としていた【からっぽ島】についてくる。
【あおの開拓地】?では、【アネッサ】らと共に城を作ると同時に島を襲撃してきた【ウゾーン】率いるハーゴン教団を撃退する。主人公が雪原を完成させた後はジローム雪原と名付けた。その後主人公と【ルル】に開放感があふれると称して壁のない部屋を紹介したが、ルルに「スッカスカで欠陥住宅」と酷評された。
からっぽ島につれていく際の会話でいいえの選択肢をすると【飛空石】を見た某王の如く駄々をこね、"ぴちぴちぎゃる"になるために【バニースーツ】を所望するなど中々に愉快な発言が多いほか、メガネをかけた女性が好みらしく【チャコ】のメガネ姿を褒めていたりする。
 
好みの部屋は広さ(4)と豪華さ(4)、雰囲気はクール。ホッホや【ルル】【シドー】とすべての条件が同じなので相部屋にしてもいいだろう。【ロトの大時計】解禁の近道にもなる。
 
ちなみに、ムーンブルクいちの泳ぎの名人だったらしく、クリア後の会話では【プールの更衣室】の作り方を教えてくれる。