Top > 【スケアフレイル】
HTML convert time to 0.004 sec.


【スケアフレイル】

Last-modified: 2018-02-15 (木) 00:35:07

概要 Edit

強烈な顔が施された盾と、棘付きの鉄球を持った首無しの騎士のモンスター。
語源は恐らく「Scare(恐怖させる)」+「フレイル(武器の名前)」
「え?あの武器の名前って【モーニングスター】なんじゃないの?」
…というプレイヤーは当該項目を参照。
 
上位種として【デュラハーン】【ヘルガーディアン】がおり、11では馬に乗った亜種【ファントムシャドウ】が登場した。

DQ8 Edit

【闇の世界】の出現モンスターであり、8名物真っ黒モンスターの1体。
この系統のモンスターとしては(バトルロードを除けば)こいつが初めて出遭う敵になる。
しかし身体が真っ黒なのもあって、 パッと見てどんな敵なのか分からないのが何とも不気味。
 
闇の世界の【神鳥の巣】(3F~)に出現するが、物語終盤は表の世界の何か所にも分布するようになる。
具体的には【トラペッタ地方】(東部全域)、【マイエラ地方】(南部全域)、【トロデーン国領】(北部の平地[昼間])、【サザンビーク国領東】(中央部の森、北部全域)、【リブルアーチ地方】(北部の平地[夜間])に分布。
トラペッタ地方東部、マイエラ地方南部、サザンビーク国領北部の平地では昼間しか出現しない。
どこも出現率が高いので、倒し漏らすという事はそうそうない筈。
 
通常攻撃のほか、テンションを溜めたり【あんこくちょう】を呼ぶが、痛恨もかなりの頻度で繰り出してくる。
痛恨は守備力影響(ダメージ2.5倍)タイプだが、連発されるとかなり痛い。
HPは292、守備力も242とこの時点では驚異的なステータスを持つ。
デイン系を除く攻撃呪文にも少しの耐性があり、補助呪文はほぼ効かないかなり厄介な敵である。
ただ、鉄球が重いのかミスをすることもしばしば。
異変後は世界のあちこちに出現するが、世界中に散らばりすぎたせいか1匹で出ることが多く、
大抵はフルボッコにされる。更にリブルアーチ周辺には通常版の方が出現する。
闇の世界と異変後に出現する個体にステータスの差はない(所持Gは少なくなる)が、
何故かザキ系や一部の補助系の耐性に穴ができており、弱くなっている。
落とすアイテムは、通常枠が【どくけし草】(1/16)、レア枠が【ゾンビメイル】(1/256)。後者はコイツの残骸を回収しているようにしか思えない。
 
余談だが、仲間を呼ぶ時やテンションを溜めるときの動きはとても面白いので必見。
また、ゾンビ系なのだがテンションを上げなくてもダメージは軽減されない。これらの点は上位種も同じ。
なお、同じく共通する点としてあんこくちょう、【ごくらくちょう】(両者とも【ベホマラー】【バシルーラ】の使い手)と仲がいい。

DQ11 Edit

本作では、デュラハーンの上位種となった。
【天空魔城】に生息している。また、【ファントムシャドウ】に呼び出されることでも登場する。【暗黒のきり】を使う他、武器を振り回して攻撃してくる。
600近いHPと4体で出ることもある多めの出現数、面倒な暗黒のきり、と厄介な要素が多い。弱点の炎・雷・光で手早く殲滅しよう。
通常ドロップは【ゾンビメイル】、レアドロップは【聖女の盾】
レアドロはルーレット回してでも1つか2つは回収しておこう。

強ver Edit

【勇者の試練】に登場。【痛恨の一撃】を繰り出してくる。