Top > 【ステテコパンツ】


【ステテコパンツ】

Last-modified: 2019-08-11 (日) 08:24:28

概要 Edit

DQ5以降とリメイク版3、4に登場する防具。8までは鎧に、9では下半身防具に分類される。
白と水色のストライプ柄の木綿製男性用下着で、【トルネコ】曰く通気性があって蒸れないらしい。
独特な名前のダサさもあってよくネタにされる。
【主人公】やイケメンキャラは装備できないことが多く、装備できる者の大半がおっさんキャラである。
 
たかがパンツのくせに【しゅび力】が高く、金属製の鎧には敵わないものの、ほとんどすべての作品で町人の一般服である【ぬののふく】や、旅人用の丈夫な服である【たびびとのふく】より守備力が高いというとんでもないパンツ。ステキ!
下着以下の着衣で生活する人々の気持ちはいかばかりか。
男性版ビキニアーマーみたいなものだろうか…。

DQ3(リメイク版) Edit

守備力+10。
【戦士】【僧侶】【商人】【遊び人】【盗賊】の男専用装備。
盗賊はイケメンだが穿いてくれる。【勇者】が装備できないのは、パンツ一丁の勇者ロトが誕生したり後世に伝えるわけにはいかないのだろう。
非売品で、敵ドロップもなく、【カザーブ】【イシス】【ラダトーム】で拾えるだけの3点もの。
 
時期的に役に立つのはカザーブで入手できるものぐらいだろう。
男盗賊はカザーブの時点での最強の防具が【かわのよろい】(守備力+12)のため、少しでもお金を節約したいのならばステテコパンツで充分である。
この後モンスターから【ぬいぐるみ】が入手できなかった場合、なんと【ポルトガ】に到着するまで盗賊はステテコパンツを穿き続けることになる。
 
なにげに「僧侶が装備できて【賢者】が装備できない」アイテムだったりする(これ以外だと【せいどうのたて】のみ)。
 
なおSFC版では商人に鑑定させても、なぜか性別限定装備であることを意味するセリフが出ない。
3種類の水着を除けば、この防具と【マジカルスカート】のみの現象である。
GBC版以降ではこのバグは修正された。

DQ4(リメイク版) Edit

守備力+8。
【ライアン】【ブライ】【トルネコ】のおっさん集団が装備できる。男勇者【クリフト】【ピサロ】のイケメントリオは装備できない。
特にクリフトとピサロの場合それぞれの想い人も一緒にパーティーにいるので、彼女らの前ではこんな格好はしたくないのだろう。
各所のタンスなどや【ランプのまおう】のドロップでも入手できるほか、【エッグラ】【チキーラ】戦5勝目の景品にもなっている。
 
防具扱いなので3章【ボンモール北の村】で入手したものを【ボンモール】の爺に高値で売り付ける事が可能。
エッグラ&チキーラの景品は絵の中の男から取っていくため、これを取られた彼は最終的には全裸になってしまう。

DQ5 Edit

初登場。守備力+15。旅人の服どころか【かわのよろい】より硬く、【うろこのよろい】に並ぶ。
どんなパンツだよ。
【サンチョ】の初期装備となっており、彼はこれに【おおかなづち】【おなべのふた】【シルクハット】を合わせるという凄まじいファッションセンスを見せる。というかただの変態…
【グランバニア】のサンチョの住む小屋のタンスにもスペアが1個入っている。
 
サンチョ以外の人間キャラは誰も装備できないが、【スライムナイト】等の戦士系の【装備グループ】がなぜか装備できる。
また、どうやって履くのかは不明だが、なぜかスライム系も装備可能。
非売品で、なおかつ敵ドロップもないため入手個数が限られ、2着しか手に入らない。
しかし、売値はたったの7G。
実用面では何の役にも立たないネタアイテムだが、サンチョの愛用品として大事に扱うか、売るのも面倒ということで投げ捨てるかはプレースタイル次第だろう。
 
なお、SFC版【公式ガイドブック】のアイテム大百科のページでは、【戦士のパジャマ】と同様に謎のメタボ青年が着用している。
同様の謎のキャラには他に、【きぬのローブ】を着ている金髪・金眼のロングヘアの女性がいる。
いずれも、正体に様々な憶測がなされている。

バトル鉛筆 Edit

ルドマンからのプレゼントネタのキャップの面の一つに登場。
内容は、「父からステテコパンツがとどいた つかえなかった」(要はスカ)という代物。

DQ6 Edit

守備力+15と据え置き。
【主人公】【ハッサン】【チャモロ】【アモス】と仲間モンスターの半分以上が装備できる。
同じ男性キャラである【テリー】が装備できないのは、イメージへの配慮及び当人が履きたがらないからであろう…。
 
その見た目からして仕方ないことかもしれないが、【かっこよさ】は-100ととんでもないことになっている。
【おなべのふた】(かっこよさ-20)とのコーディネートでかっこよさボーナス+30となるが、焼け石に水である。
(相殺してもかっこよさ-90)
 
イベントで戦う【ビッグ】【スモック】が落とす。
店利用禁止プレイなどかなり極端なプレイでハッサンに鎧を買っていないのなら出番はある。
当然かっこよさは下がるが、【かわのこしまき】を装備していることもあり、この初期値がもともとゼロである彼なら問題ないだろう。
 
また、【ムドー】討伐後に再び開かれる【シエーナ】(DS版ではマルシェ)のバザーにて、最後の一品として1000Gで購入できるが、【おなべのふた】と違ってこちらはまるで利用価値がない。
 
その他に夢世界の【レイドック】城内の宝箱から手に入るが、ご丁寧に最後の鍵の扉の奥に安置され、さながら国宝の扱いである。前作で同じく下着を秘蔵していた某国へのリスペクトだろうか…。
その後【メガボーグ】が落とすことで一応量産は可能。
 
ちなみにドレッサーコンテストにて、これを装備してコンテストに出たという強者がいるが、それに対して優勝経験のあるテリーは「どうせなら【うさみみバンド】もつけたらどうだ」とアドバイスを送っている。
しかし、テリーはこのどちらも装備できない。

DQ7 Edit

守備力が+8に下がり、皮の鎧よりかは弱くなった。それでも相変わらず旅人の服以上だが。
男全員が装備できる。
現代【エンゴウ】で拾えるので、主人公かキーファ、装備に困窮している方に着せておくと良い。その後全裸で仲間になるガボに着まわせるので、売らずにとっておきたい。
……が、このエンゴウでの入手ポイント、井戸の中の温泉脇のタンスである。ほぼ間違いなく入浴客の脱ぎたてホヤホヤの下着だろうに、何の躊躇もなく盗み取っていく主人公たちに罪悪感と羞恥心はないのだろうか…。
何故か今までまともに市販されなかったが、【リートルード】の橋の上位ランカー専用ショップや【グレイトファーム】で売られるようになった。
しかし相変わらずかっこよさは-100。おなべのふたとのコーディネートでボーナスがあるのも変わらない。

3DS版 Edit

守備力が5に下がり、旅人の服以下に。主人公とキーファに着せる価値はなくなってしまった。
精々ガボ用に取っておくぐらいしか使い道はないだろう。

DQ8 Edit

開始直後に【トラペッタ地方】の宝箱から入手できる。【ヤンガス】専用装備。
【ククール】が装備できないのはまだわかるが、【主人公】の場合は王族である【トロデ】【ミーティア】の前で不格好な姿を見せたくないからだろうか。
【パルミド】の民家の袋の中にもあり、これは場の雰囲気の演出効果にも繋がっている。
非売品で売値は50G。
敵では【グリゴンダンス】が通常枠(1/16)、【びっくりサタン】がレア枠(1/64)でドロップする。
【ステテコダンス】を踊らないびっくりサタンは落として、ステテコダンスの踊り手であるはずの【タップデビル】が落とさないというのもおかしな話だが。
 
【トラペッタ】で買える旅人の服より守備力が高く、しかもタダで入手できるので【リーザス村】に着くまでヤンガスの主力防具として使える。
彼にとっては【ザバン】戦前に入手可能な鎧の中では最高の品。
見た目はこんなでも、意外と使えるので、【滝の洞窟】に挑む前のレベル上げがてら拾いにいくとよい。
ただし、町からそれなりの距離があるので夜に行くのは控えたい。
 
錬金では【とうぞくのこしみの】【バンダナ】の組み合わせで作ることも可能。
そして以下の錬金にも使える。

特にやすらぎのローブのレシピのヒントでこれが「くつろげる物」といわれると納得できるかもしれないが、意外な盲点である。
後々パルミドの【闇商人の店】の交換アイテムになるので、一着は忘れずに作っておきたい。
かわのこしまきについては、時期的に実用性がない+まじゅうの皮が勿体無いに尽きる。
 
ヤンガスのステテコダンスはこれらしきものを両手に持って踊っている。
ステテコパンツが最も輝いた作品ではないだろうか。

3DS版 Edit

グリゴンダンスの通常枠ドロップが【鉄のおうぎ】に変更され、落とさなくなった。
なお、おっさんキャラである【モリー】は装備できない。プライドが許さないのだろうか。
また配信限定アイテムである【ホイミンのTシャツ】を手に入れられたのであれば序盤装備としての御役目も降ろされる。
配信が終了した現在では引き続きヤンガスの序盤装備となる。シンボルエンカウントになったので、レベル1でもある程度安全に取りに行ける。

DQ9 Edit

概要の通り今作より下半身防具となっている。男性全員が装備可能で守備力は+2。
案の定と言うべきか、隠しステータスの【おしゃれさ】は下がるが、過去作ほど極端なマイナスでもない。
【ウォルロ村】で30Gで売ってるほか、【ドロザラー】から入手できることもある。
 
皮のこしまき、【ブーメランパンツ】の錬金素材にもなっているが、必要性や資金の損得を考えるとわざわざ作るまでもない。
作るとしたらせいぜいレシピ埋めが目的だろう。

DQ10 Edit

アイテムとしては存在しないが、【鉄の金庫】に関わるクエストで「伝説の大商人が装備していたステテコパンツ」が出てくる。

DQ11 Edit

【シルビア】以外のパーティ男性陣が装備可能な服。
テリーやククール等の歴代イケメンキャラが頑なに着用を拒んできた当装備であるが、【カミュ】は普通に穿いてくれる。

-+1+2+3
守備力10111315

 
【デルカダール城下町】の下層にある宝箱で一着手に入り、後に【ナプガーナ密林】(キャンプ)にて100Gで売っている。
びっくりサタンのほか、【ごろつき】もドロップする。
またモンスターカジノ50万枚の景品。
3DS版では【ホムラの里】の蒸し風呂で入手できるが、入浴客の私物だろう。
PS4版では【サマディー城】の王夫妻の寝室にあり、入っているタンスを物色すると近くにいるメイドが反応する。
ちなみに隣には【あみタイツ】が納まっている。
その他、過ぎ去りし時を求めた後に【グレイグ】の部屋のタンスから入手できる。いずれも下着ドロであることは変わりない。
防具としての価値よりも配置されているシチュエーションを楽しむという地位が確固たるものになっている。
 
もっともデルカダール城下町でタダで手に入る一着は時期的に有用な防具であり、主人公には鍛冶で【うろこのよろい】が作れるものの、カミュにとってはステテコパンツより強い防具はコスパの悪い【皮のよろい】しかない。
ということで、【騎士団の服】が手に入るまでの間はカミュの愛用品となるだろう。