【スノーエルダー】

Last-modified: 2021-11-29 (月) 12:00:23

概要

DQ10で初登場した背中に木を生やしているドラゴン系モンスター。
名前から、【エルダードラゴン】の雪原バージョンのような立ち位置であり、場所柄にあった寒色系のボディ。
エルダー(elder)とは長老、高齢者といった意味。
色違いにエルダードラゴン、【フォレストドラゴ】【ヴォルカドラゴン】がいる。

DQ10

Ver.3.0で初登場。【マヒャデドス】【かがやくいき】、きあいの果実を使ってくる。
詳しくはこちらを参照。

DQRA

真3弾カードパック「星降りの決戦」にて実装。魔法使い専用のレア。

7/4/6 ドラゴン系
自分のターン終了時敵リーダーに敵の氷塊の数の2倍分のダメージ
自分のデッキにメラ系の特技カードが無いならコスト-2

【アイスゴーレム】【リーズレット】をはじめとした最近の氷塊カードはメラ系NGなので実質5/4/6である。
【樹氷の竜】の互換のようなカードだが、こちらは氷塊の数が効果に反映されるため、大ダメージを狙うことができる。

DQウォーク

ストーリー11章10話のボスで、同章のラスボス。
四天王の一角である「豪氷天」を名乗る存在の手下で、【ダーマ神殿】を襲って氷漬けにした首謀者。
 
この戦闘では【フォズ】が助っ人として登場する。
フォズは最初のターンでダメージを軽減するバリアを展開し、後はベホイミやいやしのかぜで回復に回る。
 
バリア展開中の攻撃は2回攻撃でたたきつぶしが250程度、こごえるふぶきが120程度、マヒャドが150程度とボスにしては控えめ。
だがこれはバリアのダメージ軽減が75%減とかなり大きいものであるがゆえのこと。
バリアが切れてしまうと3回攻撃でたたきつぶしが1000程度、こごえるふぶきが500程度、かがやくいきが650程度と完全に即死級になる。
ここまでくるとどれだけ強くても耐えれて1ターンが限界で、それ以上の戦闘継続は不可能。
バリアは5ターン目まで継続するので、ここまでにこいつを倒さなくてはいけない。
パーティの平均レベル75程度なら回復はフォズによるものでも十分持つので、4人全員をアタッカー職にしてヒャド系以外の攻撃を集中して浴びせよう。
HPは35000程度だが、時折いやしのはっぱでHPを3000程度回復するので、それも考慮して編成すること。