【スライムカルゴ】

Last-modified: 2018-05-29 (火) 01:51:52

概要

ジョーカーで初登場したモンスター。
【スライムつむり】などに似ているが、背負っているのはカタツムリの殻。
名前の由来はスライム+エスカルゴだろう。
 
DQMJ3ではスライムつむり系3種(【マリンスライム】【つららスライム】【石炭つむり】)が新たに追加されたが、こいつはひっそりと削除されてしまった。
【妖魔ゲモン】などと違い影が薄いので気づかないプレイヤー多数。

DQMJ

特性は特に持っていない。耐性はマヌーサ系を無効化する。
野生のものは生息しておらず、ライバルマスターのネルトかクロアから奪うか、
【スライムつむり】×【プチアーノン】などで誕生する。
ランクはEと低めだが、守備力の伸びは驚異的で、999まで成長する。
そのほかの能力は他のEランクとあまり変わらない。
ライブラリでは重たい殻を背負っている割に敏捷と書かれているが、実際にはすばやさは低く、
100までしか成長することはない。
あまり役に立つモンスターとはいえないが【MPかいふく】のスキルがあるので、
このスキルが欲しいのなら作っておいてもいいだろう。

DQMJ2、DQMJ2P

スライム系のEランク。野生のものは海岸にたくさん生息している。
にげあしとまれにマジックバリアの特性を持つ。
にげあしは前記の重そうな割に敏捷という設定からだろうか、
一応すばやさの限界値は150と前作より50増えてはいる。
【ぶちスライム】×【スライム】などの配合で作ることができる。
スキルは「MP回復」。

テリワン3D

野生のものはさばきの扉に出てくる。
ランクやスキルは前作と変わっていない。
特性は【スモールボディ】【いきなりリバース】【まれにマジックバリア】、+25で【アンチみかわしアップ】、+50で【ライトメタルボディ】

イルルカ

野生では出てこない。
新生配合でメガボディにすることでいきなりリバースを習得できる。
新生配合済みの個体を使うことになるとはいえ、いきなりリバース持ちのモンスターでは最も遅いため、素早さを低く保つために最初の一回しか配合できないくらい素早さが伸びてしまうモンスターのための配合材料に使われることも。
また、ギガボディ化するとAI2~3回行動を習得する。
ちなみに最初からときどきリバースがあるのだが、デフォルトのこいつはスモールボディなので一切の悪影響を受けない。
最も本編でときどきリバースが発動することなどないのだが。
 
まめちしきによると殻は本体ともに成長するらしく、中に人が住めるぐらい大きく育った記録もあるとか。
【新生配合】【ギガボディ】化させれば、実際に中に住めそうなぐらいの大きさにすることも可能である。