Top > 【ゾーマの地図】


【ゾーマの地図】

Last-modified: 2019-07-16 (火) 00:26:22

DQ9 Edit

【大魔王の地図】の一種で、おなじみ極悪非道なDQ3のラスボスである【ゾーマ】と戦える宝の地図。

所持アイテムと確率 Edit

Lv所持アイテム1所持アイテム2所持アイテム3
アイテム確率アイテム確率アイテム確率
Lv1~3【ちいさなメダル】100%【ゆうしゃのグローブ】15%【シルバーオーブ】10%
Lv4~820%
Lv9~1525%11%
Lv16~25【ゆうしゃのズボン】15%
Lv26~4020%12%
Lv41~5625%
Lv57~68【ゆうしゃの服】25%13%
Lv69~80【ゆうしゃのかんむり】15%
Lv81~9020%14%
Lv91~9925%15%

行動と特性 Edit

行動パターン(Lv41以降) Edit

AパートBパート
タイプ【偏向性ランダム】偏向性ランダム
【判断力】00
Ac1ためる(使用を自重しない)通常攻撃
Ac2通常攻撃マヒャデドス
Ac3かがやくいき暗黒のきり
Ac4マヒャドマホカンタ(効果が切れるまで使用しない)
Ac5いてつくはどう(補助効果がかかっていないと使用しない)痛恨の一撃
Ac6BパートへAパートへ

※Lv49未満ではマヒャデドスを使わず、Lv56未満ではためるを使わない

耐性、パラメータ Edit

耐性 Edit

弱点光属性(倍率150)、MP吸収
耐性氷属性(倍率50)、眠り(~Lv40)、攻撃力低下、守備力低下、呪文耐性低下

パラメータ Edit

LvHP攻撃力守備力素早さ獲得経験値ゴールド
Lv18000675570350706002490G
Lv259490801630393896433162G
Lv50113389576984431149614055G
Lv751354711437744991474305200G
Lv991607013568555601871976602G

概要 Edit

配信クエストNo.167【キレイに なるピ!】で入手できる他、
かつてはモンスターバトルロード2(レジェンド)との連動企画でも入手できた。
 
戦闘開始時の【○○○○よ! なにゆえ もがき生きるのか?】は健在。
Lv1時点で完全2回(Lv41以降は完全3回)行動で、通常攻撃の他、マヒャドやいてつくはどうを使い、痛恨の一撃を放つこともある。
レベルが上がるとかがやくいきやマヒャデドスを使う他、マホカンタや暗黒のきりを使ったり、テンションを溜めることもある。
いてつくはどうのモーションはSFC版3と同じスタイルのままだが、
通常攻撃のモーションは瞬間移動して手から衝撃波を放つスタイルになっている。
その他に倫理的な問題のためか、4本だった指が一本増えて5本になっている(公式ガイドブックのイラストは4本指のまま)。
 
全魔王中最高の素早さが特徴で(【ダークドレアム】も同じ値)、Lv1の時点で350、Lv99では560もの値となる。
比較的素早さの高い僧侶に素早さを上げる装備品を装備させても、結構高い確率で先手を取られてしまう。
パーティに魔法戦士を入れて【ピオリム】を使い、先制出来る確率を少しでも高めておきたい。
【AIブースト】で短期決戦を挑む場合は【まだらくもいと】でも代用できる。
素早さの低い攻撃役はパッシブスキルでの底上げを敢えてしておかず、わざと相手より後に動けるようにしておくという手もある。
また、痛恨の一撃の頻度もかなり高いので、回復役には【盾の秘伝書】を必ず持たせること。
属性攻撃はすべて氷なので、氷属性の対策を徹底して行おう。
【げんまのこて】【ホワイトタイツ】などの定番の装備はもちろん、全ての職業で装備できる【けがわのフード】を同時に着込めばかなり有効。
さらに【アイスフォース】をかければ氷を完全無効化できる。攻撃しないキャラクターにかけると良い。
但し、頭が良いので状況判断で使用する【いてつくはどう】を誘発し易い。
 
弱点は光属性と原典に忠実。
まず全体にアイスフォースをかけ守りを固め、バイキルトやテンション上げなどの準備が整い次第攻撃役に【ライトフォース】を使い【はやぶさ斬り】などでダメージを与えていこう。
ステータス自体は魔王たちの中でも高い部類に入るのだが、全体攻撃が耐性を得やすい氷属性のみなので対処は難しくない。
さらに非常に珍しいことに行動パターンが増えるごとに弱くなる異例の魔王となっている。
暗黒のきりやマホカンタは無駄行動に等しいし、氷対策が済んでいればマヒャデドスも脅威ではない。
ためるは一見強化されているように見えるが、実は本作の【テンションシステム】は敵の場合限界までテンションを上げないと元が取れないようになっている。
つまりためる、ためる、攻撃よりは攻撃、攻撃、攻撃のほうがダメージ量が多いのだ。
かといって3段階目まで上げれば、【風林火山】+【おうぎのまい】の格好の餌食となる。
上げに上げたテンションをマヒャドに注ぎ込む姿もまれに見られ、涙を禁じえない。
結局のところ怖いのは物理攻撃のみとなっており、それ以外の行動が増える=攻撃の頻度が減ることを意味している。
 
素早さと氷属性への対策があれば、それほど苦戦する魔王ではないと思われる。
ただしその素早さ対策がネックであり、限界まですばやさを上げてもLv99のゾーマからは先手を取られることがある。
場合によっては連続で先手をとられ、回復が追いつかなくなりパーティがあっという間に崩壊する。これはもう運が悪かったと割り切るしかないだろう。
また「ためる」の使用頻度が高く、【エスターク】等と違って、スーパーハイテンションまで上げることが可能な点には要注意(実際にそこまで放置することは稀だろうが)。
相手が「ためる」でターンを終えた場合は、風林火山+おうぎのまいで必ずテンションを戻そう。
【ためる】凍てつく波動【マヒャデドス】or輝く息と言うとんでもないパターンも充分ありえる。
これは【ためる】を使用していない状態でターン終了していても前述通り【ためる】を解除しても無いとも言い切れないが、それでも厄介である事は変わらない。
【いてつくはどう】等は相手の素早さを考えるとお勧めできない。
 
なお、【ザオラル】【ザオリク】を使用すると空撃ちであっても(ザオラルの失敗か生存者に呪文を使う)怒り狂うタイプ。やはり生を愚とし滅びや死を喜びとみなしているからだろうか。
【ふっかつのつえ】【せかいじゅのは】であれば怒り狂う事はないので、蘇生手段にはこれらを用いるように。
逆にわざと空撃ちして怒り狂わせ、【だいぼうぎょ】して避雷針にする手もある。
素早さが低く後攻に回りやすい賢者ならこの手法を使いやすい。
なお、Lv40までなら眠らせる事が出来るので、苦戦するようであれば使ってみよう。
相手は氷属性が耐性の為、ダメージ効率は落ちるものの、【まどろみのこん】【氷結らんげき】を繰り出せばそこそこ動きを止められる。
 
倒せばちいさなメダルの他、DQ3勇者の衣装であるゆうしゃのグローブ、ゆうしゃのズボン、ゆうしゃの服、ゆうしゃのかんむりに加え、シルバーオーブを落とすことがある。
ゆうしゃの服以外の装備品はゾーマからしか入手できないので、Lvを上げる前に必要数を回収したい。
シルバーオーブは【バラモス】よりドロップ率が高いので、狙うなら効率的に倒せるLv9か26で成長を止め、ひたすら狩ろう。