【ダークホビット】

Last-modified: 2019-04-15 (月) 23:29:45

概要 Edit

DQ6で初登場したモンスター。
茶色い体色で、いかつい顔が描かれた盾を装備している小人。
下位種に【シールドこぞう】【ビッグフェイス】がいる。
 
【ホビット】との関係は不明。
DQ7には【ダークドワーフ】がいるが別物であり、こちらは斧を持っている。

DQ6 Edit

上の世界の【レイドックの井戸】に住み着き、【おばさんのゆびわ】をご大層にも宝箱に入れて守っている。
名前といい、指輪を後生大事に守るあたり、恐らく元ネタは『指輪物語』のスメアゴルことゴクリであろう。
笑い方は「ゲヒゲヒゲヒ」という珍妙なもの。
 
シチュエーションは馬鹿臭いが【レイドック】到着直後の時点では文字通り「場違い」な強敵。
最低でも【ルカニ】がないと厳しいだろう。
安全に倒したいなら【ハッサン】加入後に挑むといい。
 
後々【地底魔城】【ゲントの村】周辺で通常出現するようになるが、この時期になると周りの敵と比べると守備力が高そうで低く、攻撃力もあまりない。
下位種2体が時期に反してやたら硬かったのに上位種になって何故か不遇の弱体化…。はっきり言って弱い。
レイドックに始まりレイドックで終わるキャラと言えよう。
ただ、【だいぼうぎょ】を頻繁に行うため、なかなか倒せない相手として印象には残る。
一応後ろにいる仲間を集中攻撃する特性があるので、脆い仲間(というか【バーバラ】)は3番目に置いておくか防御しよう。
 
DS版では【すてみ】に最速効果が付加されたため、大防御する間も無く始末できる。
ついでに最大HPも下がっているためますます弱くなってしまった。ホントに不遇な奴である。
 
落とすアイテムは【やくそう】。下位種は盾をそれぞれ落とすのだが、なぜかこいつだけ薬。

漫画版 Edit

漫画版でもおばさんのゆびわを拾い、主人公のボッツと戦うことになる。
自分のことを井戸の中の王様と名乗り、おばさんのゆびわを王様の宝だと言ってくる。
まだ、戦い方が素人だったボッツを圧倒するが、ハッサンにワンパンで倒されている。
「バカヤロー!」と壁にめり込みながら毒づいているあたり、死んではいない模様。

DQ9 Edit

【東ナザム地方】などに出現する。
だいぼうぎょを行うほか、味方をかばうこともある。盾を持っているので盾ガードも行う。
さらに、盾からこおりの息を吐き出して全体攻撃をすることもある。DQ7の【シールドオーガ】みたい。
守備力が176と高く、全体的なステータスもDQ6の頃より上がっているので、船入手直後に戦うと苦戦するだろう。
弱点は風、光属性。即死や状態変化もけっこう効きやすい。
落とすアイテムは通常枠が【はじゃのつるぎ】、レア枠が【まほうの盾】

DQ10 Edit

こごえるふぶき、かがやくいきを吐き、集団で現れる中盤の強敵。
詳しくはこちらを参照。

イルルカ Edit

悪魔系のBランクとしてモンスターズ初登場。
宿り木の塔に出現し凍える吹雪を吐いてくる。
あろうことか【ウパソルジャー】のモーションを使い回されたため巨大盾を持っているのに
待機モーションで敵に背を向けてしまう。何てことだ…。
スカウトQで必要になるため、1体は配合しておいた方がよいだろう。
 
特性は【スタンダードボディ】【ヒートアップ】【かばう】、+25で【いきなりシャッフル】、+50で【先手ハンター】
【新生配合】【くじけぬ心】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【ときどきスカラ】を習得。