Top > 【ダークマター】


【ダークマター】

Last-modified: 2019-06-28 (金) 13:27:27

概要 Edit

モンスターズシリーズに登場する物質系モンスター。
周りに4つの刃物のようなものが付いている黒っぽい円形状物質に、目とキバが付いている。
左右対称ならぬ上下対称のモンスターで、口に赤い宝珠のようなものを咥えている。
バトルロード2に登場する必殺技は【ダークマター(必殺技)】を参照。
 
名前を直訳すると「暗黒物質」という意味。天文学的現象を説明する為に考えだされた「質量は持つが、電磁相互作用をせず、かつ色電荷を持たない、光学的には観測できない」とされる、仮説上の物質の事である。
 
亜種としてDQMSLには下位種の「メテオコア」がいる。

DQM1(PS版)・DQM2 Edit

物質系最強ランクのモンスター。
【ゴールデンゴーレム】【メタルキング】との配合で造れる。
ちなみに上記の組み合わせを逆にすると【ゴールデンスライム】になるため、
【お見合い】をすればダークマターとゴールデンスライムが生まれ、双方お得である。
習得する特技は【ザキ】【ジゴスパーク】【ぶきみなひかり】
ゴールデンゴーレムに比べて、さそうおどりなどの1回休み系の特技耐性が低いのが難点か。
しかも序盤の守備力の伸びをはじめ、総合的なステータスはゴールデンゴーレムに劣っている。
デスタムーア(変身)を血統にしてダークマターと配合するとデスタムーア(最終)が誕生する。
最終形態を生み出すには他の組み合わせもあるが、これを用意するのが一番手っ取り早いと思われる。
他にも【ゴールデンスライム】を血統にダークマターを配合すると【グランスライム】が誕生するが、
何故かダークマターを血統に虫系を配合すると【ばくだんいわ】が生まれる。
 
敵として出てくる時は、1000前後のHPと高守備力で非常にタフ。
倒すのに手間がかかるので、その間にジゴスパークで削られてしまう。
殆どの攻撃・補助がまともに通らないが、上記の通り1ターン休みに弱いのが唯一の弱点。
【さそうおどり】【おたけび】の出番である。【まじんぎり】も併用させればなお良い。

イルルカ Edit

【物質系】のSランクモンスターとして久々に登場。配合・スカウトによる入手は不可能。
【聖竜ミラクレア】からもらえる「とこやみの試練のカギ」のボスであり、倒すと入手できる。
入手後もカギは何度でも使用可能なので倒す度に仲間にできる。わざわざめぐりあいの塔で捕獲する必要はない。
【ダークマスター】さんと関係ありそうな名前だったのが理由なのか、彼の主だった【ドーク】と配合すれば、
【ネオ・ドーク】が誕生する。
豆知識によると、この世にあってはならない物質でできており、時間と空間を超越した存在らしい。本来の名前の由来に合致した何気にモノ凄い設定である。
 
ネオ・ドォォークッにする以外の使い道を挙げるとすれば、こいつは【メタルゴッデス】以外で、【超ハードメタルボディ】を持てる唯一のモンスター(ただし、【新生配合】でGサイズにする必要がある)
なので、適当なGサイズと配合して【ギガボディ】を引き継げば手軽に超ハードメタルボディを他のモンスターに引き継げるようになる(ただし、その場合【しんせいの宝珠】の消費が多くなるが…)。
また入手しやすいSランクの物質系モンスターということで【グラブゾンジャック】の素材にするのもいいだろう。
 
特性は【スタンダードボディ】【れんぞく】(4回)、【ザキブレイク】、+25で【いきなり冥界の霧】、+50で【しっぺがえし】
【新生配合】【AI1~3回行動】【メガボディ】化で【ドルマ系のコツ】、前述したように【ギガボディ】化で【超ハードメタルボディ】を習得。

DQMSL Edit

【物質系】SSランク。概要通り「メテオコア」の新生先。
「系統の王」という特殊枠の為、通常のガチャや交換券では手に入らない。
リーダー特性は「物質系のHP+20%、素早さ+10%」。
習得特技は消費こそ重いものの、絶大な威力を誇る全体無属性呪文「リーサルウェポン」など。