【トランポリン】

Last-modified: 2022-01-27 (木) 11:51:50

DQB2

バネが仕込まれた台。乗ると高く飛び跳ねられる。
プレイヤーが初めて目にするのは【ムーンブルク島】【大灯台】に設置されている物だろう。
跳ね上げられる高さは普通の【ジャンプ】よりやや高い程度。

【ビルダーハート】100個でレシピを解放でき、【木材】8個と【草糸】【ひも】が6個必要。

ルーランポリン

大灯台のトランポリンに混じって設置されている。一見すると緑色のトランポリンだが、台座には【キメラのつばさ】の意匠が施されている。
名前の通り、飛び跳ねると【ルーラ】のように真上にぶっ飛ばされ、連続で飛び跳ねる度にジャンプの高度が上昇する。
9回繰り返し飛び跳ねることで、最大で36ブロック分ほどの高度まで跳躍できる。下を見るとゾッとするかも。
普通のトランポリンとルーランポリンの違いを理解しないと、大灯台の上層までたどり着くことは出来ない。
 
【からっぽ島】にトランポリンを10個置くとレシピを閃くことができる。材料はトランポリンと【魔力の結晶】が2個。【まほうの作業台】で製作する。
なお、公式ガイドブックでは条件がルーランポリンを10個置くと誤植されている。閃く前に10個置くには大灯台からかっぱらってくるしかないので、誤植を信じてしまった際の骨折り損はかなりの物である。