Top > 【ドラゴンのつえ】


【ドラゴンのつえ】

Last-modified: 2019-07-15 (月) 10:59:24

概要 Edit

DQ5で初登場した緑の竜を杖全体で象った派手な杖。
シリーズの象徴であるドラゴンの名を冠する装備だけあって、いずれの作品でも終盤近くで手に入る強力な性能の武器となっている。

DQ5 Edit

攻撃力は125。
【主人公】の専用装備。
これまで世に出た数あるRPG作品の主人公専用武器の中では恐らく史上初の杖の武器である。殆どのRPG作品の主人公専用装備は大抵は剣になっているだろう。少なくともDQ5以前のDQシリーズ前4作の主人公専用装備は全て剣である。百歩譲って槍や刀とかあるかもしれないが、杖なのは恐らくDQ5くらいだろう。
【メタルキングのけん】(+130)と【はかいのてっきゅう】(+125)を除けば主人公の最強武器となる杖。【ボブルの塔】内の巨大な【ドラゴンの像】の内部の、【フックつきロープ】を使って降りた先の一室に無造作に置かれている。
攻撃力が【メタルキングのけん】と5しか変わらず、主人公には杖が似合うということでこっちを装備させる人も多い。
というより仲間全員分のメタルキングのけんを用意するには長時間のカジノ通いが必要、はかいのてっきゅうの入手はクリア後なので、普通に手に入る強力な武器として重宝することができる。
しかし、打撃武器としては完全上位互換が存在する点で微妙な立ち位置なのも事実。
初登場である本作のみ、道具として使用すると【ドラゴラム】の効果がある。
本作のドラゴラムの性能は過去作と比べて強力とは言い難いが、ノーコストで使用できるなら話は別。
主人公が道具使用する機会はあまりないだろうが、ギラ系の攻撃手段のない【女の子】あたりに持たせておくとAIが適宜使用する。
一方で、AI任せにしているとボス戦でも後先考えずに使用することがあるので注意。
 
青年時代後半になると、【オラクルベリー】の宿屋2Fに宿泊中の商人からその噂を聞ける他、【オラクル屋】でもこの武器のことを教えてくれる。話を総合すると「【てんくうのつるぎ】より強くて、巨大な竜に変身できる」という、概ねこの武器の情報を集められるので、こまめに情報収集をしているならばこの最高クラスの武器を求めてあちこち回ったプレイヤーもいるのではないだろうか。
 
ちなみにこのドラゴンの杖、PS2版ではバグにより2本入手可能となっている。正規品を取る前にグラフィックの下付近を調べると、何故かそこにもドラゴンの杖が落ちている。
もっとも先述のように主人公の専用装備なので、2本あってもドラゴラムの代わりにしか使えない。一応、特技に乏しいキャラに持たせて攻撃のレパートリーを増やす使い方もある。
PS2版がベースのDS版では1本しか入手できなくなったが、ドラゴラムの仕様が変更(詳細はドラゴラムの項を参照)。そのため、【ミルドラース】低レベル撃破などのやりこみの際に脚光を浴びることになった。

小説版 Edit

ゲマ戦のあとにリュカが入手した。ちなみにこの直前まで装備していたのはメタルキングの剣。
「竜神の魂を宿した杖で、持つものの魂を善悪どちらもまとめて高めてしまうため、人の身で杖を無事に持てるものは滅多にいない」という伝説がある。千年ほど行方知れずだった神秘の品で、マーリンも本物を見るのは初めてだという。
天空の剣と同様持ち主を選ぶようで、触ろうとしたティミーは杖に弾かれてしまっている。また、ミルドラースとの決戦でマーサの命を賭した祈りに応えるようにドラゴラムの効果が発動。その様は【マスタードラゴン】が降臨し、リュカにその全存在を仮託したとも描写されている。

DQ9 Edit

表記は「ドラゴンの杖」。攻撃力は88で、MP吸収率は7.5%。
こちらではクエストNo.137【悪魔の呼ぶ声】の報酬で手に入る他、宝の地図の洞窟にあるランクBの青い宝箱からでも入手可能。【Wi-Fiショッピング】で販売されていたこともあり、1度目と2度目は43000G、3度目は半額の21500Gで購入できた。
売却価格は21500Gとかなり高価。
DQ9にはドラゴラムが登場していないため、「ドラゴンの炎で焼き払う」効果になっている。道具使用により敵全体に約20~30の炎属性ダメージを与えることができる。杖の中では攻撃力・MP吸収率ともに高い方ではあるが、入手可能な時期が実質本編クリア後であり、その時期に道具使用で約20~30のダメージは力不足。
加えて、攻撃魔力の付いた【けんじゃの杖】系列の杖や、回復魔力が付き、尚且つ攻撃力で勝る【ひかりの杖】系列の杖に比べると見劣りしてしまう。
【まさゆきの地図】でも取れるので、その気になれば船入手直後でも取れるが、この時点でさえもやや力不足気味。しかもこの時点で行ったら強過ぎる敵ばかりで、うっかり触れてしまったら全滅も有り得るのでそんなリスクを犯して取りに行く価値があるかは疑問。
ただ、DQ9ではドラゴンの杖以外にもDQ5の主人公専用装備(【ひかりのたて】を除く)や5主人公のコスプレ装備が登場している。これらの装備品に身を包んでDQ5の主人公気分を味わうのも一興か。

DQ10 Edit

レベル65以上で装備可能な両手杖に分類されているので、しっかり攻撃魔力が上昇する。道具使用の効果は弱いのはしょうがない。
詳しくは【ドラゴンの杖】を参照。

DQ11 Edit

【ベロニカ】【ロウ】が装備可能な両手杖。
道具として使用すると、敵グループに100~116の炎属性ダメージと、効果は改善されている。

-+1+2+3
攻撃力55575961
攻撃魔力60626568
回復魔力31323335
MP吸収率12%
ドラゴン系攻撃時MP吸収率+3%

 
【ふしぎな鍛冶】にて作成可能。レシピ【極ドラゴン装備図鑑】に記載。
必要な素材は【ほのおの樹木】x2+【赤い宝石】x2+【ドラゴンのツノ】x2+【かがやきの樹液】x2。
 
入手時期は【ケトス】に乗れるようになってからだが、各地をこまめに回るプレイヤーならすぐにレシピを入手できる。
だが各地をこまめに回るような探索を怠らないプレイヤーなら同時期に【女神の杖】のレシピも手に入れるだろう。
女神の杖の方が圧倒的に回復魔力は高いので、実質的にロウ専用のこの時期であれば作るのは微妙なところ。
一方で攻撃魔力の高さは評価できるものがあり、鍛冶による+補正も考慮すれば良い性能になるので、予めレシピを回収しておき、後にベロニカに再会できた頃に作ってあげると良いだろう。
発動効果は時期的には威力不足ではあるが、両手杖装備の通常攻撃よりかは明らかに強いので瀕死状態の敵へのトドメには使える。

イルルカ Edit

【ドークの館】に、コレクションとして展示されている。
他が重要アイテムである中、これだけただの強力な装備品。
DQ5の象徴的アイテムであるリングは区別が難しいからだろうか。

DQMB2L Edit

よみがえる伝説から登場。
上昇するステータスはかしこさ+45 みのまもり+15 すばやさ+7。使える技は「ドラゴンブレス」と「ベギラマ」。
前者は敵一体を殴りつけて動きを封じ、巨大な火球をぶつける。属性は打撃・爆発。後者は灼熱の呪文で敵全体を攻撃。
どちらの技も威力が高く、「ドラゴンブレス」は確率こそ低めだが会心も出る。
 
普通に使っても強いが、マジックダブルスキャンでこれを2枚目にするとかしこさ+100&灼熱耐性という超効果。
【マジカルメイス】のフールブレイクと組み合わせると400ダメージ超えを普通に叩き出すことができるという壊れ性能を発揮するのである。
【りりょくの杖】のフールストライクとの組み合わせができればさらに凶悪だったが、さすがに製作者側も考えているのか、この組み合わせだと【賢者の杖(赤)】になる。残念でした。
 
ちなみに伝説の魔物使いこと5の主人公もこれを持っているが、性能は全くの別物。

DQH2 Edit

何気にシリーズ初の市販武器となった。
店で買える最強の片手杖で装備すると魔力+54、最大MP+30が加算される。
その分値段も223500Gと高く、本編クリア後に受注できる鍛冶職人【クエスト】をクリアすると販売開始となる。
クリア後限定とはいえその性能はお墨付きで特にMPが上がるのは有りがたいと言える。
【闇の一族の杖】入手までの繋ぎとしてはもったいないくらいの性能を秘めている。
2周目以降をするなら買って損はないだろう。