【ドラゴンヘビー】

Last-modified: 2021-10-05 (火) 18:20:12

概要

ふくよかな体格をした二足歩行のドラゴン。ドラゴンベビーではなくヘビー
背中には【キャットフライ】に似た翼があるが、ヘビー級の図体で飛べるのだろうか?
 
系統最下位種で、上位種に【ドラグナー】【デッドドラグナー】【ウォンテッドヘビー】が存在する。なんだか毒々しい色合いの上位種どもに対し、こいつの体色は黄色っぽい黄土色。
 
ところでDQ6の【フーセンドラゴン】、本作のこいつ&【ギガントドラゴン】系、次回作の【アルゴングレート】&【リザードファッツ】、DQ9の【アノン】、DQ10の【邪竜神ナドラガ】……とまあ、ドラゴン系にはいつもふくよかなやつらが出てきている。
それどころか最近は【おにこんぼう】系までドラゴン系になる始末。
ドラゴン系モンスターの肥満化は止まらないのだろうか。

DQ7

【風の塔】上層部と【風の迷宮】に出現。
吐くブレスははげしいほのおであり、何故か上位種のはずのドラグナーよりも攻撃が激しい。
わしづかみにしたり、体重を生かして地響きを起こすこともある。
バギ系とザキ系以外の攻撃には耐性が無いので、連発して早めに倒してしまおう。
落とすアイテムは【ドラゴンシールド】

リメイク版

一匹目二匹目三匹目
名前ドラビーコムスビヒラガン

一度の出現数が1体に減っている。
他のモンスターと群れる事はあるが、それでも出現数が少ないので対処は容易のはず。

テリワン3D

もちろんドラゴン系で、体格通り3枠の巨大モンスターとして登場(山のように大きいというギガントドラゴンはなぜか1枠だが…)。最下位種だったからかランクCと中堅どころ。
【かがみの扉】の溶岩フロアと【ほむらの扉】で溶岩をものともせずたたずんでいるが、なんだか風呂に入っているようにも見える。3枠故にスカウトはやや難しいものの、位階配合で生み出せるので、入手はさほど難しくない。
 
特性はギガボディ、AI2回行動、れんぞく(3回)、【こうどう おそい】、炎ブレスブレイク、ベタンブレイク、タメキテボディ。
体格通り守備力とHPが高く、こうどうおそい持ちだがそれでもなぜか素早さが高い。というかこうどうおそい持ちでは圧倒的に素早く、究極配合で1000を越える。動けるデブということだろうか…。
こうどうおそいを究極配合で相殺すればそれなりの行動速度を得られるが、毒耐性が半減に下がるので注意。
 
所持スキルは【VSブレス】
また、テリワン3Dの発売前に公開されたPVではDQMJ2Pの【裏ボス】である【ヒヒュドラード】を一方的に倒していた。

イルルカ

野生では出現しないため、【シュプリンガー】×【こんぺいとう】などを配合して作ろう。
また、夢見るタマゴから生まれることもある。
今作では新たに【新生配合】【プレッシャー】を習得。

DQR

第6弾カードパックにて共通カードとして登場。レア度はノーマル。

5/4/6 ドラゴン系
におうだち
このユニットは移動せず手札に戻らない

非常に重いが故に位置移動やバウンスを受け付けない。
そのためある程度は武闘家クラスへの対策カードとなっている。
 
弱いわけではないがメタカードとしては地味なのでドラゴンデッキで入れるか考える程度のカード。
標準スタッツを持ち、【におうだち】で盤面に干渉しやすく、ドラゴン系のノーマルカードでピックしやすいため、闘技場では非常によく見かけた。