Top > 【ドレッサー】


【ドレッサー】

Last-modified: 2019-08-21 (水) 05:31:30

概要 Edit

化粧品の収納箱を兼ねた鏡台のこと。
鏡がオブジェクトとして登場したのはDQ5からだが、ドレッサーとしてはDQ6から登場。
【ライフコッド】で目覚めて早々に、【ライフコッド村長】の家に【ジュディ】のものと思われるドレッサーが置いてあるのが見える。
DQ11(3DS版3Dモード)では【ソルティコの町】【ジエーゴ】の屋敷に【ゴリアテ】のものと思われるドレッサーが置いてあるが、これは彼に関する伏線として配置したものと思われる。

その他の詳細は【鏡】の項目を参照。

DQ10 Edit

家具として様々な種類のドレッサーが登場している。

DQB Edit

鏡を乗せたお化粧用の台。
1章で【木材】3個、【ガラス】【銅のインゴット】1個で作れる。

DQB2 Edit

前作同様せいかつ家具として登場。
【オッカムル島】でレシピを習得する。木材3個、ガラス5個、銅のインゴット1個で作れる。
 
前作では特別な効果はなかったが、本作では【主人公】の見た目変更を行うことが出来る。
髪や肌の色、性別の変更はもちろんのこと、装備も性能そのままに見た目だけ変更可能。
 
作るにはオッカムル島まで進めなければならないものの、最初から【からっぽ島】に配置されているため、利用するだけなら最初から可能。
【モンゾーラ島】に行く前に見た目を変えておけば非常にダサイ【カメのこうら】も安心して着られる。
また、隠し武器【はかぶさの剣】を入手するのにも必要となる。
 
ちなみに、見た目の変更ができることについては、別にメタフィクション的な事情でなく、【セルジ】曰く本当に主人公がドレッサーを用いて見た目を変える能力を有しているが故とのこと。
髪や肌、性別まで自由自在で、装備の見た目の偽装も永続的に可能と【モシャス】もビックリの特技だが、一体どのようにしてそんな能力を身に着けたのかはナゾである。