Top > 【ハスター】


【ハスター】

Last-modified: 2018-03-18 (日) 15:03:16

DQ4 Edit

第5章で【ミネア】を仲間にする前に【ブランカ】へ行くと登場する冒険者4人組の1人。
一行の先頭を歩いている【戦士】で、FC版では名前が無かったが、PS版で名前が付き、移民としても再登場するようになった。
 
名前の由来は不明だが、他のメンバーが「祈り」を意味する「プレ(イ)ヤ」、銭勘定を指す「ゼニー」等、各員の職業や特徴を示すものであることから、おそらく戦士であるコイツは英語で「退治する者」を意味する「バスター(buster)」からと思われる。

FC版 Edit

魔物退治の旅をしており、【主人公(DQ4)】を仲間に勧誘するが、すぐに自分達はメンバーがいっぱいであることを思い出し、撤回する。
口調は気さくだが、自分達の人数も忘れているのか、そもそも5人組で旅をしてはいけないのか…など、突っ込みどころのあるセリフである。
 
後に【パデキアの洞窟】で再登場し、主人公をパーティに加えられなかったことを謝罪する。
しかしどうした事か、初登場時は、神父、バニー、商人を連れていたが
この時は彼以外のメンバーが【兵士】【詩人】【アリーナ】に総取っ換えになっている。
主人公達が【パデキアのたね】を入手すると姿を消し、以後登場しなくなる。

PS版 Edit

ブランカでのセリフが「魔物退治」から「魔物の親玉を倒すため」に変更されている。
 
洞窟脱出後は足の遅さから【アリーナ】に置き去りにされ、以後は移民として再登場する。
移民カテゴリーは戦士なので、町の特殊形態の条件には関係無い。
 
条件付きの移民の一人であり【勇者】がパーティにいる時のみ登場する。
魔物も怖いしそろそろ旅をやめて落ち着くところを探しているため、移民の町を教えることになる。
移民の町に到着後、移民の町を気に入っており、ここならずっと住んでもいいと話している。
冒険も懐かしくなることもあるが、安全な暮らしが一番だと旅をすることを完全にやめているようである。
なお、元々の仲間だった【神父】【プレヤ】【旅の商人】【ゼニー】も移民として勧誘できるが、移民の町に集まっても特にセリフの変化はない。