Top > 【バニースーツ】


【バニースーツ】

Last-modified: 2019-11-21 (木) 08:58:47

概要 Edit

DQ6から登場した防具。ご存知【バニーガール】が着ているレオタードである。
【セクハラ装備】もとうとう来るところまで来たかという感じである。
【バニー装備】の一角であり、【かっこよさ】【おしゃれさ】が高いほか、
【うさみみバンド】【あみタイツ】【シルバートレイ】とセットで装備する事で各種特典が得られる。
 
それにしてもエロ装備はエロいけど、別に格好良くはないと思うのだが。
露出度が高い=色気がある=魅力的、という解釈だろうか。

DQ6 Edit

守備力17、かっこよさ38。
【ロンガデセオ】で3300Gで市販。または【マジックフライ】が稀に落とす。
バニー装備のうち、これだけタンス等から入手できない。
タダで手に入れば、【ベストドレッサーコンテスト】に使えないこともなかったが、フルセットを揃えても、武器次第ではランク4突破すら怪しいレベルなので、わざわざ買うほどのものではない。
防具としては【かわのドレス】と同等。全く役に立たない。

漫画版 Edit

ベストドレッサーコンテストにて【バーバラ】がバニー装備セットで出場。
この時のバーバラは【スーパースター】に転職していたと思われ、その効果もあってかボッツを悩殺し、会場の男どもまで魅了し尽くしていた。
審査員と思われる人々もこぞって目にハートマークを浮かべながらバーバラの番号札を掲げていたので、恐らく優勝したのだろう。
流石である。

DQ7 Edit

守備力・かっこよさ・価格共に前作と同じ。
やはりバニー装備の内これだけタンスから手に入らない。
現代【旅の宿】【バロックの橋】で売られている。
【世界ランキング協会】のかっこよさ部門ではぜひ。

DQ8 Edit

非売品。バトルロードFランクの景品だが、今作ではなんと守備力が38もある。具体的にいえば【はがねのよろい】と互角。
そんなわけで、Fランクを早めに優勝すると【ゼシカ】の装備がコレになってしまう。
というのも、船を手に入れる前ではゼシカの最強装備であり、次点の【おどりこのふく】から守備力が15も高い。

更にうさみみバンドのレシピがパルミドで、あみタイツは船入手後にメダルの景品で手に入る。
そのため最強装備で身を固めたゼシカは自然とバニー姿になる上、【サザンビーク】で売っている【まほうの法衣】は少々値が張るため、図らずともサザンビーク城の例のシーンまで装備していることも多い。
「ゼシカをバニーにしたい」「それをプレイヤーにも見て欲しい」というスタッフの意気込みがうかがえる。
本作ではシルバートレイは着せ替えの対象外だが、より雰囲気を出したい方はセットでどうぞ。
 
【シルクのビスチェ】【うさぎのしっぽ】の錬金で作る事もできるが、
素材よりも守備力が低いため、利用する機会はレシピ埋めかバトルロードのものを誤って売った時くらいか。
 
なお本作に登場する一般的なバニーガールは、現実のそれとは違った格好であるが、
ゼシカの場合のみ、現実のバニーガールと同じような恰好になる。
 
売値は1775G。

3DS版 Edit

他のハレンチ装備同様デザインが変更。ハイレグではなくなった。
しかし、なぜかベアトップブラ+ホットパンツのセパレートタイプに。
尻のラインはNGでヘソはOKとでもいうのだろうか?

DQ9 Edit

これまでハイレグレオタード1枚だったが、今作ではデザインが変更され、
カジノのバニーさんが着ていそうな赤いベストつきのデザインになった。
また、腰から下の部分(およびしっぽ)は、網タイツの上半分に移植された。
そのため、これだけを着ていてもあまりバニーさんには見えない。
 
守備力22、おしゃれさ36。
【ちいさなメダル】累積13枚入手後のご褒美のほか、【カラコタ橋】の例のムフフなお店で3550Gで買える。
前回より守備力が下がっているように見えるが、これは各防具が細分されたための措置なので今作の【てつのよろい】よりも頑丈。
ただ最速入手は【石の町】まで進める必要があり、時期的にはもっと強い防具が店売りや錬金で入手できるため戦力外。
どうせムフフな使い途しかないので、小さなメダルで入手した方は売っ払って金策にしてしまって構わない。

DQ10 Edit

【モダンバニースーツセット】【カジノバニースーツセット】の2種類が存在する。
グラフィックは、モダンバニーがDQ8のバニーガール準拠で、カジノバニーが一般的なバニーガールのデザイン(ただし丈の長い上着付き)である。
この作品では何を血迷ったのか、装備性別制限が撤廃されている。(DQ9も旅芸人の証を装備すれば男でも装備できるが)
ただし前者は男性が着た場合は(うさみみ付きの)【モリー】の服になる。

DQ11 Edit

【マルティナ】専用装備。

-+1+2+3
守備力38404244
魅力31323335

 
DQ8以来再び、はがねのよろいに匹敵する強度を誇るようになった。騎士の王国の標準装備よりも堅い。
また3DS版DQ8ではホットパンツに替えられたが、従来のハイレグレオタードタイプに戻った。
ただし、燕尾ベストが追加されてお尻が隠れてしまう格好になったので、これが邪魔だと思う人も居るかも知れない。
入手方法は【バニー衣装のレシピ】による鍛冶のみで、材料は【あやかしそう】×2+【ちょうのはね】×2+【グリーンアイ】×1。
当然ながらうさみみバンド、あみタイツと合わせることで着せ替え可能で、黒い燕尾ベスト付きのバニーガール姿(DQ10のカジノバニーと同様)になる。DQ11Sでのスタイル名は「バニーガールスタイル」。
クエスト【ああ 思い出のバニーちゃん】【思い出のバニーをもう一度】)をクリアするためには一度は装備する必要がある。
 
マルティナ加入直後に入手すればその時点で最強クラスの体用防具だが、制作するうえでの問題点が一つ。
鍛冶の材料はともかく、レシピを手に入れるためにはカジノコイン500枚が必要になるのだ。
1万Gキャッシュで払ってコイン500枚にするか、あるいは地道に稼ぐかはプレイヤー次第で。
ちなみに入手出来る最速の時期に手に入れるとふしぎな鍛冶で制作する難易度が非常に高い。
+0を付ける事すら難しいのでいっそのこと失敗しても【うちなおしの宝珠】が手に入らないだけで性能は据え置きなのでレベルが上がるまで妥協する選択肢もあり。
また、マルティナの【デビルモード】【スーパールーレット】【スペクタクルショー】発動時にもこれと同じ衣装でしかもノリノリである。
上記クエストでは欲望丸出しの依頼主に呆れていたマルティナだが、割と気に入ってるのだろうか……?
 
なお、意外にも【セーニャ】は装備できない。
うさみみバンドとあみタイツ自体はセーニャが加入した直後の【サマディー城下町】で揃っており、場合によっては旧バニーセットの一つであるシルバートレイも装備しているため、この時点でバニー装備セットがほぼ完成してしまう。
装備の説明を詳しく見れば「あとはバニースーツがあれば着せ替えができる」とプレイヤーは理解できるし、さらにちょうどこの時期はセーニャが【おどりこの服】を着て今作最速となる着せ替え機能を披露している頃。
そのため初見プレイだと、いつかはセーニャはバニーガールになるんだろうな…と想定してしまうのはごく自然の道理である。
なぜセーニャが装備できないのかという理由は各プレイヤーの憶測の域を越えないため、ここでは明言を避けておこう。

Switch版では派生種として【妖魔のバニースーツ】が登場した。

DQB2 Edit

【オッカムル島】でビルドレベルをMAXにすると作成可能になる。材料は【わた】×2個、【草糸】×2個、【毛皮】×3個。【染色がま】を使って色を変える事ができる。
守備力が10しか無いのでおしゃれ着用。
なお、男も着れる。しかも、【バニーの更衣室】?【タンス】に入れておくと住民が着替える事がある。それが男でもあっても。