【バーディ】

Last-modified: 2017-06-20 (火) 15:52:41

DQMJ3 Edit

DQJ3の登場キャラクター。
かつて【アンセス】の相棒だったモンスターで、種族は【サイレス】
名前の由来はバディ(相棒)とバード(鳥)のダブルミーニングだろうか。もしくは、色違いに【ゲルバトロス】がいることから、ゴルフのバーディとかけている可能性もある。
 
ストーリー上度々入る回想シーンでは、アンセスの乗り物や戦力として、八面六臂の活躍をしていた。
この時点では台詞は無く、あくまでアンセスの手持ちのモンスターとしての印象が強かった。
回想シーンは白黒なので色が分からず、ジャミラスだと思った人もいるだろう。
 
【焦熱の火山】にて、バーディ本人が登場。マグマパークの提灯のある家に住んでいる。
怪しげなルー語で話す珍妙なキャラクターと判明、寡黙なサイレスのイメージを完全粉砕した。
主人公のことをアンセスだと思い再びコアに乗り込もうとするが、レジスタンス秘密基地で主人公の秘密を聞かされたあとは「本体」を守るために残ることになる。
回想ばかりでその後は見せ場もなくフェードアウトしたので、拍子抜けした人もいるかもしれない。
その上、大空ライドでラスボス戦へ向かう場面ではバーディではなくアンセスから託された【レティス】に乗っていく事になる。
自前で巨大な魔物を用意できればレティスに乗る必要も無いが、どの道せっかくの上空移動だというのにバーディに頼らず解決させてしまう事になるのは少々残念である。
メタ的なことを言えば、限定的な形で大空ライド要員として扱う、もしくはラスボスの元へ彼に乗せてもらう等で
彼に冒険を協力させてしまうと、それはそれで、SFCDQ6のミレーユが如く、「お前も一緒に戦えよ。」とツッコまれてしまうので、フェードアウトせざるを得なかったのだと思われる。
 
ちなみに、妙に気さくなルー語使いになったのは割と最近の事で、アンセスと出会ったばかりの頃はもっといかつい感じだったらしい。ジャミラスみたいな感じだったんだろうか?
それにしても、アンセスとの間で何があってこんな珍妙なキャラになってしまったのか気になるところである。
 
後に【レナーテ】の手持ちのモンスターになり、イベントバトルで彼と戦うことができる。
【超生配合】でもしたのか、【超ギガボディ】になっている。その割には下画面のアイコンが超生配合前のもののままだが。
呪文は使わず、【まわしげり】【オーロラブレス】をメインに使ってくる肉体派。
痛恨の一撃を連打してくるため強力だが、オーロラブレス以外なら【アタカンタ】で跳ね返せる。
試合後に秘密基地へ戻ると元のサイズに戻っている。

DQMJ3P Edit

ストーリー上の出番は無印と変わらず。
…が、レナーテの手持ちモンスターが【レジアクセル】【レジマリン】【レジウィング】に変更されてしまったのでますます影が薄くなってしまった…。