Top > 【パプニカ】


【パプニカ】

Last-modified: 2019-02-07 (木) 22:40:11




ダイの大冒険 Edit

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する王国の一つ。
ホルキア大陸にある唯一の王国であり、海と山に囲まれた美しい王国。北に中央大陸、西には【ロモス】のあるラインリバー大陸がある。
代々、王家は神に仕える家系であり、かつては【デルムリン島】を洗礼の地としていた。
 
読み切り「ダイ爆発」では王女【レオナ】が賢者【バロン】と司教【テムジン】に伴われて登場している。
その他、【アポロ】【マリン】【エイミ】ら三賢者を始めとした、賢者が他の国より多いのが特徴。
【バダック】がパプニカ一刀流を名乗っているが、他に使い手もおらず詳細は不明。
 
かつて、【ハドラー】の居城であった【地底魔城】があり、魔王軍と幾度となく戦い続けていた。
ハドラー復活後、地底魔城を拠点とした【ヒュンケル】率いる不死騎団の侵略を受けて一度壊滅しており、
この時にレオナの父親である国王と『海』のナイフも行方不明になっている。
だが、レオナは生き延びたことで早いペースで王国は復興をし、レオナの呼び掛けによる王国サミットが、
この地のパプニカ大礼拝堂で開かれた事もあり、他の国々を纏めるリーダー国となっていった。
 
パプニカの金属や布は高値で売れるらしく、レオナが着ていたドレスを【ベンガーナ】のデパートで売る時に2万~3万ゴールドにもなると言っている。


余談 Edit

過去にパプニカはハドラー討伐を成し遂げたマトリフを王宮に迎え入れたものの、側近の一部が嫉妬から彼を冷遇して苛めだしたため、
彼は人間の恩知らずさに愛想をつかして国を出てしまう。
結果として、魔王打倒を果たしたパーティの1人であり、防衛の要ともなりうるであろう優れた魔法使いである彼を追放したことが
のちの魔王軍侵攻による国の滅亡という悲劇の遠因となってしまったとも言えるだろう。
この当たり、側近の入れ知恵のせいで君主が判断を誤ったがために祖国を滅ぼされるはめになった【アルキード王国】?に通ずるものがある・