Top > 【ヒュプノスハント】


【ヒュプノスハント】

Last-modified: 2019-09-15 (日) 13:21:21

概要 Edit

DQ9で初登場した特技。
【眠り】【混乱】に陥った相手に痛烈な一撃を繰り出す技。間違えやすいが「ヒュプノスハン『ド』」ではない。
ハント=hunt、つまりヒュプノスの狩りである。
兄弟技といえる【タナトスハント】と比べて優っている点は、作品によってはタナトスハントよりも早期に習得できることと、毒にするより眠り混乱にする手段のほうが豊富なため他の仲間との協力が容易なことだろう。
 
ヒュプノス(Hypnos)はギリシャ神話の眠りの神の名前。
死の神タナトスとは兄弟。DQ10にモチーフとなっているボスが登場する。
2人は寿命を迎えた者の前に現れ、ヒュプノスが対象を眠らせた後、タナトスがその魂を冥界へと導く。

DQ9 Edit

【短剣の秘伝書】を所持し、かつ短剣を装備していると使用可能になる。
消費MPは3で、眠り・混乱状態の敵1体に対して通常攻撃の倍のダメージを与える。
 
【ラリホー】【メダパニ】などと連携すれば効果的に大ダメージを与えられる。
が、この攻撃も打撃攻撃なので、命中後に相手の眠りや混乱を解除してしまう事がある。
おまけに最も使いやすい短剣である【キラーピアス】を装備していると、眠り・混乱の解除判定が2回行われてしまう。
寝た子は起こさぬように呪文攻撃をしたほうが賢明かもしれない。
 
なおこの技、短剣教師の【ネージュ】によると授業中に居眠りする生徒にお仕置きに使うらしい。温厚な寮母のおばちゃんに見えて中々の過激派であった。

DQ10 Edit

【短剣スキル】のSP35で習得。消費MPは3。
眠り・混乱状態の相手には通常攻撃の約4倍(通常状態の相手には1.5倍)のダメージを与える。
相手を眠らせる【スリープダガー】という特技も登場したので、(毒同様)短剣だけで運用可能になった。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【カミュ】【シルビア】が短剣スキルで習得できる特技。消費MPは5。
眠り・混乱状態の相手には通常攻撃の6.2倍(通常状態の相手には1.1倍)のダメージを与える。
ただし、その際に相手の眠り・混乱状態は確実に解除される。
 
今作では【ワイバーンドッグ】などをはじめ時間帯によって戦闘開始から眠っているモンスターがそこそこ居るので、そっちに使うことの方が多いだろう。
ボス戦では【ヴァイパーファング】が通用することもあって、もっぱらタナトスハントのほうが活躍の機会に恵まれている。
いちおう【ユグノアの子守歌】を用いればボス戦でも発動できるが、ユグノアの子守歌に頼るときは基本的に態勢の立て直しを図りたいことが多いため、ヒュプノスハントで起こしてしまうリスクも踏まえたうえで発動するように。
またカミュで【二刀の心得】を早期に入手したいならヴァイパーファング+タナトスハントルートより断然早い。
 
なお、機種によってカミュの【ぶんしん】と併用した場合のダメージ計算の処理に差異がある。
PS4版では3人が攻撃し終わってから状態異常が切れる仕様(つまり6.2倍の3倍で18.6倍)だが、3DS版では「1人目の攻撃で状態異常が切れてしまい、後の2人の攻撃には状態異常によるダメージ補正が乗らない(6.2+1.1+1.1で8.4倍)」という仕様になっておりかなり弱体化している。

イルルカ Edit

タナトスハントと共々【斬撃】の特技として登場。
こちらでは全体攻撃となり、通常時の威力は通常攻撃の半分だが、眠りまたは混乱がかかっている敵には通常攻撃の2倍となる。
さらにダメージによってこれらの状態異常を解除しないようになっている。
【アサシン】【シャチホコの乱】等のスキルで取得可能。
 
海神の神殿のボスの【水竜ギルギッシュ】がお供の【アクアマリンホーク】【ラリホーマ】【メダパーニャ】を撃たせて自分はこれを使うという鬼畜戦法をとるためそれの印象が強いプレイヤーが多いと思われる。